ヘッダバイパス[j]ump
liberal-shirakawa.net 白川勝彦 Webサイト (HOMEへ)
白川勝彦へメールを送る
永田町徒然草を閲覧しています
自薦論文を閲覧します
白川文庫を閲覧します
フォトエッセイ即写一言を閲覧します
永田町徒然草
自薦論文
白川文庫
フォトエッセイ 即写一言
プロフィル
リンク

07月19日   「おかしい事を、おかしいという」こと!

No.1920

来週開催予定の予算委員会・閉会中審査の取り運び方について、自民党国対と民進党国対のゴタゴタが続いている。前号の永田町徒然草で述べた通り、自民党がバカな事を言っている。まず、これが自民党の深刻な問題なのだ。自民党ヨイショのコメンテータばかりが蔓延(はびこ)るニュース報道番組だが、最近では田崎スシロー位しか、現状を肯定する者はいなくなった。これは、かなり大きな変化だ。……

P.S. 夕方のニュースでは、与党3野党7で決着したと報道されていた。

全文を読む »

07月03日   自民党の歴史的大惨敗の中味は ? 

No.1917

都議選の開票速報を、午前2時頃まで見ていた。自民党の当選者の数が確定したのは、ちょうどその頃だった。その数、23人。まさに、“歴史的大惨敗”である。投票率は、51.28%であった。前回よりも、7%強も高かった。各選挙区の当選者とその候補者の得票も見ないと、選挙の動向を分析できない。が、その内実も自民党にとっては、そら恐ろしいものだった。……

全文を読む »

06月30日   政治の不条理を糺すのは、選挙しかない。

No.1916

前号の永田町徒然草No.1915「安倍首相、一寸おかしいぞ!」が、ある掲示板で爆発した。いま考えてみると「おい、一寸変だよ、安倍首相 !」の方が良かったのではないか、という気がする。私が指摘したのは、産経新聞社主催の「正論講演会」での、安倍首相の発言だった。あれは、明らかに政治的錯乱状態にあることを証明する発言だった。……

全文を読む »

06月22日   “腹心の部下”の登場で、加計疑惑は決定的となった !! 

No.1914

松野文部科学大臣が、ある文書の存在を発表した。その文書には、萩生田光一官房副長官が文部科学省の局長と面会した際の発言が記されている。「萩生田氏は、安倍首相が、2018年4月までには特区で安倍首相の親友の加計氏の経営する教育施設の1学部を開設できるよう希望するという内容を伝えていた」とされている。……

全文を読む »

06月18日   安倍晋三:guilty (有罪、処罰すべし)

No. 1913

国会は、今日で閉会する。極めて制限されたマスコミの情報だけでも、「安倍首相は、学校法人加計学園が経営する“岡山理科大学獣医学部”新設」について、guilty(有罪)である。アメリカの裁判なら、陪審員はそう判断するであろう。……

全文を読む »

06月11日   石垣が壊れる時…!? 加計学園問題は、“莫大な利益がある政治案件”

No.1911

実にくだらない事だが、松野文部科学大臣は、「総理と相談して、問題の文書の存否を再調査することにした」と発言した。安倍総理からは、「国民の理解が得られるように、再調査しなさい」と言われたという。これではさすがにもたないと、官邸が判断したからであろう。これは、政権崩壊の始まりである。政権は、こうして崩壊していくのである。……

全文を読む »

06月01日   “腹心の友" 加計学園問題の核心

No.1910

前号の永田町徒然草に、望外の“いいね”を頂いた。久しぶりの長さだったので、お見舞いの意味もあったのだろう(笑)。体調の方は、まだ本物ではない。間もなく72歳になるのだから、仕方がない。焦らずに静養するつもりでいる。「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」(永田町徒然草No.1904参照)の思いを、改めて強くしている。……

全文を読む »

白川勝彦OFFICE   白川勝彦へメール送信 ]

Valid XHTML 1.0 TransitionalValid CSS!Level A conformance icon, W3C-WAI Web Content Accessibility Guidelines 1.0

Copyright©K.Shirakawa Office 1999-2016 - Web pages Created by DIGIHOUND L.L.C. All Rights Reserved ©1999-2016
Powered by Nucleus CMS. Page designed by James Koster.Ported to Nucleus by Joel Pan. Re-design and adjusted by DIGIHOUND L.L.C. © 2006-2016