ヘッダバイパス[j]ump
liberal-shirakawa.net 白川勝彦 Webサイト (HOMEへ)
白川勝彦へメールを送る
永田町徒然草を閲覧しています
自薦論文を閲覧しています
白川文庫を閲覧しています
フォトエッセイ即写一言を閲覧しています
プロフィルを閲覧しています
リンクを閲覧しています
永田町徒然草
自薦論文
白川文庫
フォトエッセイ 即写一言
プロフィル
リンク

HOME > 白川文庫 > 新刊紹介 2007年7月

─ 新著上梓のお知らせ ─

Amazonで購入

『いまリベラルが問う』が遂に出版

間もなく(7月20日。書店店頭に並ぶのは22日頃だろうか)、拙著『いまリベラルが問う』が発売される。私はこれまでに6冊の本を出版しているが、今回の著書の出版には苦労した。それは現職の国会議員でないというところに原因があるのではない。Webサイト上の書き物を本にすることに出版社の抵抗があるからなのだ。

出版社というのは、やはりカチッとした書き物が好きなのだ。要するに論文調のものが好きなのである。その理由は分からないでもない。私も論文調のものの方が好きだ。しかし、私は永田町徒然草を本にしたかったのである。理由は単純である。まだまだインターネットで私の永田町徒然草を読んでもらえない人がかなりいるのである。その人たちにも私の永田町徒然草を読んでもらいたいのだ。

挿絵

私は論文調のものを書けない訳ではない。必要があれば書くこともあるだろう。しかし、いま必要なことは、そんなことよりも日々生起する政治について私の立場で発言することだと思っている。それは一冊の本を書くよりもはるかに多くの精力と努力を必要とする。永田町徒然草を毎日書くようになって半年余となった。これが私の現在の政治活動である。それはそれなりの価値のあることだと確信している。お陰さまでヴィジターは、毎日1万近くになった。

政治は、最後は数の勝負である。インターネットで私のWebサイトをみれない人たちのために本にしたいと考え、いくつかの出版社と交渉した。しかし、前記のような理由で出版をしてくれる会社がなかなか現れてくれなかった。株式会社イプシロン出版企画がこれを引き受けてくれた。そして遂に本が店頭に並ぶ運びとなった。いささかの感慨がある。

永田町徒然草が単行本に 7月20日全国書店にて一斉発売 “戦うリベラル”が厳しい論法で右翼反動に迫る!

Webサイトをみていて下さる方ならばご理解いただけると思うが、この出版は続けることに意味がある。ある程度の部数が売れないと今後続けて出版することができなくなる。Webサイトで私の書いた物を読んでいただいている方には恐縮であるが、『いまリベラルが問う』をぜひご購読いただきたいのである。そうすれば、今後続けて出版できることになる。右のチラシ(クリックでPDFファイル972KBをダウンロード)で、お近くの書店で申し込んでいただくと、販売戦略上きわめて有効なのである。趣意をご理解の上、お力添えを伏してお願い申し上げる次第である。

平成19年7月15日   白川勝彦   

Amazonで購入


ページの先頭へ [t]

白川勝彦OFFICE   

借金問題・民事・刑事 … 弁護が必要な時は、暮らしと権利を守る 白川勝彦法律事務所

Valid XHTML 1.0 TransitionalValid CSS!Level Triple-A conformance icon, W3C-WAI Web Content Accessibility Guidelines 1.0

Copyright©K.Shirakawa Office 1999-2012
Web pages Created by DIGIHOUND L.L.C. All Rights Reserved ©1999-2012