タイトル画像(小) HOMEHOME | 主張 | 略歴 | 著書 | 永田町徒然草目次 | 論文トップ

時系列でみる加藤騒動の高揚と顛末

 

私にとっても、加藤氏の今回の政治行動は大きな衝撃でした。そして、加藤氏の政治行動には、深い意味があると誰よりも感じ,また期待した一人でした。「永田町徒然草」でのべたことを、読みやすいようにするためまとめてみました。重複部分を削除したり、若干の訂正をしました。

白川 勝彦透明スペーサー

加藤が死ぬのか、自民党が死ぬのか [11月13日(月)記す]
自民党の本当の危機とは?
[11月15日(水)記す]
自民党に対する歴史的な自己認識を踏まえての行動
[11月17日(金)記す]
自民党の本当の姿 ── 現実
[11月18日(土)記す]
決戦のポイントは、加藤氏がブレないこと
[11月20日(月)午前11時記す]
土壇場でのブレで加藤氏は敗北
[11月21日(火)午後1時半記す]
戦いすんで、日が暮れて
[11月24日(金)記す]

加藤が死ぬのか、自民党が死ぬのか

[11月13日(月)記す]

1文字アキ加藤元幹事長の「不信任案が提出された場合、欠席することもあり得る」とのたった一言が、いま、自民党を、政界を大きく揺るがしています。政治家の言葉というものは、実に重たいものです。昨日の「報道 2001」、「日曜討論」、「サンデー・プロジェクト」にいろんな人が出て、いろんなことをしゃべっていました。加藤氏もNHKの日曜討論で、改めて今回の発言の真意をのべていました。

1文字アキ私は、今回のことでまだ一度も加藤氏とは話をしていません。また、いまの時点では、話をすべきではないと思っています。加藤氏には、いま加藤氏がおかれている立場で、政治家としてやらなければならないことあると決断しての発言・行動でしょう。私には私で、いま私がおかれている状況のなかでやらなければならないことがあるし、また、心に期すものがあるからです。直接お手伝いすることもできないのに、忠臣顔をしてしゃしゃりでていくことは、私の趣味に合いません。しかし、20数年間も政治行動をともにしてきたものとして、加藤氏が考えていることは誰よりも理解できますし、考えていることに共通するものがあるのは当然のことです。

1文字アキ私は、加藤氏の冒頭の発言を聞いたとき、この発言は「加藤が死ぬか、それとも自民党が死ぬか」ということを意味すると、直感的に思いました。そして、その後の推移をみていると、ますますそのようになっていると思います。昨日のテレビを観ている限り、このことを肌で感じているのは、加藤氏ひとりだと感じました。やはり行動している当事者だけが、事態を正しく認識できるのでしょう。サンデー・プロジェクトには、中曽根元総理もでていましたが、全然状況を把握していないと思いました。

1文字アキ「加藤が死ぬのか、自民党が死ぬのか」── それは、賢明な読者にはくどくど言わなくても、お分かりのことと思います。例の四人組を筆頭に自民党執行部・主流派は、全力で加藤騒動の鎮圧をするのでしょうが、もし仮にその鎮圧に成功してみたところで、それが一体なにを意味するのでしょうか。かえって自民党というものに対する失望を強めるだけでしょう。そして、自民党はますます凋落の一途をたどるだけです。

1文字アキ自民党という党は、実はどうしようもないところにきてしまっているのです。どうしてそうなったのか。そのいちばんの原因は、いうまでもなく公明党と連立を組んだことにあるということに気が付かなければなりません。なぜ、こんな簡単なことが分からないのでしょうか。

1文字アキ大世紀末、このようなことが起こるのは、やはり歴史の必然がなせる業でしょう。

ページの先頭へ戻る


自民党の本当の危機とは?

[11月15日(水)記す]

─ 1 ─

1文字アキ加藤氏の政治行動をどうみるか、これは極めて大切なことです。首相の地位をめぐっての争いなら、それは自民党の中の単なる政局に過ぎません。しかし、自民党の幹事長を3期もつとめ、自民党の中の保守本流を自他ともに自認する宏池会の会長である加藤氏が、自民党的には禁じ手の今回のような行動をするはずがありません。加藤氏と20年以上にわたって政治行動を共にしてきた私ですから、そのことを誰よりも知っています。加藤氏の今回の政治行動は、もう少し大きな視点からみなければならないと思っています。

1文字アキ今回のことにつき、私はまだ加藤氏から話を聞いていませんし、当面会ってお話をするつもりもありません。加藤氏は、政治家加藤紘一として、考えに考え抜いた上での行動だと私は思います。加藤紘一という政治家は、一時の感情で軽率な行動をとる政治家ではありません。一方、私も総選挙で落選という厳しい結果を受けながらも、ひとりの政治家として「我いま何をなすべきか」、この数ヶ月間考え抜いてきました。そして、ひとつの結論に達したとき、時を同じくして加藤氏の今回の政治行動があったのです。

1文字アキそれだけに、加藤氏の政治行動が何を意味するのか、誰よりも理解できますし、その決断に心から敬意を表します。加藤氏の今回の政治行動をみるとき、自民党というものをどう考えるかということを抜きに、これを正しく理解することはできないと思います。これから先は、自民党についての私の考えです。いまの政局を考える参考にしてください。

─ 2 ─

1文字アキ自民党は、その前身となる吉田自由党や鳩山民主党の時代を含め戦後50年余にわたって、政権党として日本の政治を担当してきました。自民党は、確かにいろいろと問題を起こしてきました。多くの疑獄事件もありました。また今日の日本にもいろいろな問題もあります。しかし、今日の日本ができあがるなかで、自民党がずっと政権党であったことは厳然たる事実であり、その意味で自民党にも功があったことは否定できない事実だと思います。自由民主党党員としては、功罪半ばするではなく功の方が大きかったといわせてもらいたいと思っていますが…。

1文字アキ20世紀を回顧するのではなく21世紀を展望するとき、果してこの自民党で日本の未来を切り拓くことができるのか、ということが最大の問題意識でなければなりません。森首相やこれを支える四人組は、現在の自民党を論ずるときその問題点を象徴してくれるいい素材ではありますが、世間が問題にするほど私はあまり重大視していません。自民党の本当の問題点は、実はもっと深く、大きいのです。

1文字アキ冷戦構造が崩壊したとき、自由主義陣営に立つということを標榜するだけでは自民党は存在価値を失ったのです。自民党としては、その時点で自民党の存在価値──政党としてのプリンシプル(主義・主張)を改めて国民に提示しなければならなかったのです。自由民主党という名前や歴史からして、それは当然のこととして自由主義ということになるわけですが、単に自由主義を標榜するだけでは十分でなく、自由主義の現代史的展開をしなければならなかったのです。しかし、それをするだけの人材や意識は、自民党という政党全体に残念ながらありませんでした。ほんのごく少数の者にしか、その危機感や問題意識はありませんでした。

─ 3 ─

1文字アキ自由主義の現代史的展開といった場合、二つの大きな潮流があります。新保守主義といわれるものと、リベラルといわれるものです。日本の現状を深く分析し、いったいどちらを日本の自由主義路線として選択するのか、これが自由主義の日本における現代史的展開の課題です。私は、リベラルなものを選択すべきであると考え、行動してきました。

1文字アキリベラルとは、「社会的公正を重視する自由主義」と私はいってきました。誤解を恐れずにもっと分かりやすくいえば、「社会的弱者に配慮する自由主義」ともいってきました。むきだしの自由主義ではないということです。新保守主義を私がとらない理由は、サッチャー首相やレーガン大統領が新保守主義を選択しなければならなかった事情は、幸いなことに日本にはまだないと考えるからです。イギリスは、イギリス病といわれるほど自由主義にとって深刻な事態がありました。アメリカでは、リベラルと呼ばれる人々がかなり問題のある現象を引き起こしていました。私は、日本にはそのような事情はまだないと考えます。

1文字アキ1993(平成5)年6月の総選挙で、自民党は野党となりました。政権党であるがゆえに、自民党に群がっていた国会議員は、細川政権の異常な人気に恐れをなし、野党となった自民党を離党し、細川連立政権側にはしりました。11ヶ月で自民党は政権与党になりましたが、あの状態がもっと続いていれば、多分70〜80人くらいは自民党を離党したのではないかと思います。そうしたならば、自民党はその後も政権党になることなどできなかったと思います。

1文字アキ残念ながら、自民党という政党が良くも悪くも存立するためには、政権というものが必要不可欠なのです。ですから、私は自民党という政党をまもるために政権党になる努力をしなければならないと考えました。細川首相の1億円疑惑を追及するとともに、どうしたら自民党が政権党に復帰できるか考えた結果、可能性として考えたのが新党さきがけや日本新党や社会党との連立でした。

1文字アキ細川連立与党内にいくら矛盾があるといっても、自民党が変わらずして自民党と連立を組んでもいいなどという政党が、現れてくれるはずがありません。私は、自民党がリベラルの路線を選択することを決断する絶好の機会だ考え、自民党内の同志を集める一方で、新党さけがけや日本新党や社会党の議員との接触を始めました。他党の議員からは、「自民党が本当にリベラルな路線を選択することなどできるのか」といわれました。しかし、それができなければ連立などできないのですから、自民党がリベラルな路線を選択することに私は自信をもっていました。

─ 4 ─

1文字アキ1994 (平成6)年6月29日に村山内閣──自社さ連立政権ができたわけですが、これが可能となったのは、自民党がリベラル路線を選択したからです。村山首相のイニシャティブで、社会党が日米安保や自衛隊を合憲と認めるという路線変更をしただけではなく、自民党もこのとき大きな路線変更をしたのです。

1文字アキ自社さ連立政権下の自民党の政調会長を1期─幹事長を3期つとめた加藤氏は、誰よりもこのことを知っていました。私も自社さ連立政権を作った一人として、加藤氏を懸命に支えました。リベラルな路線を選択した自民党に対する評価は徐々に国民に理解され、自民党の支持も高くなってきました。小選挙区制のもとではじめて行われた平成8年10月の総選挙で、自民党が新進党に勝つということは、実は奇跡に近いようなことだったのです。

1文字アキその選挙の参謀室長といわれる総務局長をつとめた私は、つくづくそう思っています。東京をはじめ都市部では、自民党の基礎票に対して新進党の基礎票は3〜4倍ありました。定数が増えたこの都市部で勝たなければ、新進党に勝つことなど絶対に不可能なのです。この選挙の総指揮官であった加藤幹事長は、私以上にこのことを感じていたはずです。

1文字アキ加藤幹事長は、リベラルな自民党をみごとにアピールし、総選挙を勝利に導きました。加藤氏は、愚直なまでにリベラルな路線を体現する政治家でした。手練手管は一切使いませんでした。その青臭さも国民の支持を受けました。政党にとっていちばん大切なことは、その党が掲げる理念であり、政策であり、生き方なのです。現在の自民党が国民から見放され始めたのは、この理念や政策や生き方を失ってしまったからです。そこにいちばんの理由があるのです。

1文字アキ四人組と呼ばれている人たちは、ただそのことを象徴するにふさわしい人材だというだけで、自民党全体がそうなってしまったことに問題の本当の根源があるのです。このことが、今日の政局をみるいちばん大切な点です。

ページの先頭へ戻る


自民党に対する歴史的な自己認識を踏まえての行動

[11月17日(金)記す]

11月17日付朝日新聞夕刊1文字アキ加藤政局を理解する上で、もうひとつ大切な視点は時代認識だと思います。そのひとつは、これからの時代はどのようなものになるのかという客観的な時代認識であり、もうひとつは、自民党という政党が21世紀においてどのような役割を果たすことができるのかという歴史的な自己認識の問題です。

1文字アキ21世紀の日本がどのように変わっていくのかということをここで論ずる暇(いとま)はありませんし、私がここでのべなくとも論者は山ほどいます。加藤氏も政治家のなかでは、この問題でももっとも優れた論客の一人だと思いますが、加藤氏でなければ他にいないというわけではありません。しかし、自民党に対する時代的な自己認識が正しくできる人は、政治家のなかにも学者や評論家のなかにもほとんどいません。加藤氏は、このことをきわめて冷静に判断できる識見と貴重で豊富な経験をもっている数少ない政治家だと私は思っています。

1文字アキ加藤氏は、自民党が大分裂した平成5年5月には幹事長代理をしていましたし、自社さ政権のもとでは自民党の政調会長(1期)と幹事長(3期)をつとめました。大きな時代の変わり目のなかで、自民党は何ができ、何ができないのかということいやというほど経験し、その能力も限界も知りつくしている政治家です。そして、21世紀を展望したとき、自民党という政党が日本の希望を実現するうえで何ができ、何ができないのかということをもっとも知っている政治家といってもいいでしょう。

1文字アキ加藤氏の今回の政治行動は、自民党というものに対する自己認識を踏まえたうえでのギリギリのことだと私は考えています。ですから、主流派と称する人たちがいまやっていることは、加藤氏にとってはすべて予測していたことであり、これに対しどのように行動するかもいまのところすでに決めていた範疇に属していると思います。加藤氏にまったく動揺がみえない理由は、ここにあると思います。

1文字アキ加藤氏は、自民党を改革するためにこれまで全精力を費やしてきたし、それができる立場にいました。そして、一定の成果をあげてきたという自負をもっていると思います。それは、単にいまをどう乗りきるかということだけではなく、21世紀の初頭の10年くらいの日本の政治を担当できる自民党を作りたいという抱負をもっての努力だったと思います。

1文字アキ加藤氏の側で政治活動をしてきた私は、加藤氏のこの想いを誰よりも分かっているつもりです。私は、加藤氏からこのようなことをなんどか聞いたこともあります。私もまったく同じような認識でした。しかし、自民党改革を叫ぶ人は多くいますが、加藤氏のこのような想いを本当に理解できる人は、あまり多くはいなかったように思います。平成11年9月に行われた自民党の総裁選挙を戦うなかで、私はこのことをつくづく感じました。

1文字アキ自民党という政党が、20世紀後半の50年間に大きな役割を果たしたからといって、ただそれだけで21世紀前半の日本の政治を担当する権利や資格がある、というわけにはゆきません。自民党が21世紀前半の日本の政治を担当するには、それにふさわしい政党でなければなりません。いまの自民党には、残念ながらそれだけのことを国民に向かって主張し、共鳴を得られる状態にないという認識が私にはあります。加藤氏もきっと同じような認識をもっているのではないかと思います。

1文字アキ自民党に対するこのような時代的な自己認識があるかないかによって、自民党の国会議員が加藤政局において、どのように行動するかほぼ予測ができると、私は思っています。

ページの先頭へ戻る


自民党の本当の姿 ── 現実

[11月18日(土)記す]

─ 1 ─

1文字アキ大自民党ということがいわれ、これに固執する人がけっこういますが、いまの自民党の本当の姿や実力というものは、世間がいうほど、また多くの自民党の国会議員が思っているほどのものではないと思います。私が各種の選挙を戦った経験による自民党に対する認識は、分かりやすくいうと次のようなものです。今年の衆議院の総選挙や長野県知事選挙、東京 21区補欠選挙や栃木県知事選挙をよく分析すれば、この程度のことは分かってもよさそうなのもですが。

私の生家(現況)1文字アキ十日町市にある私の実家は、江戸時代の終わりに建てられました。実家のある集落で、最初にできた板葺きの家というのが、私の親父のいちばんの自慢でした。農村であった私たちの集落では、茅葺の屋根の家が主流だったのです。その後、祖父と父が絹織物業を始めたものですから、必要に迫られて建て増しをしましたが、母屋は150年くらい経っているのです。ですから、住めることは住めますが相当に古く、どの部屋も平らなところはなく、どちらかに傾むいています。実家を継いだ兄は、「勝彦、この家はもう土台が腐っているから、変に手を加えてもダメなので、俺はこのままにしているんだ。そして、いよいよダメになったときは、思い切って新築するしかないと思っているんだ」といっています。兄のこの判断は、賢明な判断だと思っています。ですから、「兄さん、それでいいと思うよ」と、いつも言っています。残念ながら、わが家は文化財になるほど古く、質の高い建物でもないのです。

1文字アキかなり勾配のある長い坂道に、一台のかなり立派な黒塗りの車が止まっています。いまのところ、ブレーキはちゃんとかかっているので、みな大丈夫と思っていますが、この車にはサイドブレーキしかかかっておらず、しかも、これが緩いんです。誰かが、指一本で押しただけでも、前に動くかもしれない状態なのです。この事を知っている人は、ほんのわずかしかいませんが、事実なのです。この車のバンパーを足でドンと前に蹴ったのですから、この車の運命は明らかではないでしょうか。走りだしたこの車が、軽自動車くらいなら、誰かが止めることもできるのですが、3ナンバーの重たい車なものですから、もうたまりません。しっかりとかけていたと思ったサイドブレーキに問題があったのです。このブレーキは、コウメイ社製の、とかく欠陥を指摘されていた製品だったことは、いうまでもありません。

─ 2 ─

11月18日付朝日新聞一面トップ1文字アキ11月20日に不信任案が提出され、あまり間をおかずに採決に付されるそうです。こういうときの議員心理というのは、次のようなものです。

1文字アキクイーンエリザベスのような豪華客船が座礁し船底に大きな穴が空いて、浸水をはじめました。船長はじめ乗組員は「いま補修をしているから心配ありません、安心してください」と、必死になって船内にアナウンスを流しています。海は相当に荒れています。しかし、数人の乗客が救命ボートをおろし、脱出しはじめました。この人たちは、もうこの豪華客船が助からないことを知っています。確かに海は荒れていますが、小さな救命ボートであっても、穴の空いていない船にのる以外に助かる道はないと確信していることが、他の乗客には感じられます。さあ、どうするか…。

1文字アキいま売り出し中の鈴木宗男さんという方は、平成6年6月29日の首班指名選挙が行われる本会議の前に開かれる自民党代議士会で、議運理事として「みなさん、わが党の首班指名者は村山富市とお願いします。富市のイチは、横イチでは無効となります。横イチではなく市場の市ですから、絶対に間違っちゃダメですよ。 (注 ─ このとき社会党の衆議院議員に村山富一さんという人がいたのです)」といいながら、その10数分後には「海部俊樹」と書いているんですから。

1文字アキ森内閣総理大臣不信任決議案が採決に付されるその瞬間まで、衆議院議員はギリギリのことを考え、賛成票を投じるか、反対票を投じるか、白票を投じるか、本会議を欠席するか、決めなければなりません。そして、それがその議員の政治生命を大きく左右することになります。一人ひとりの衆議院議員が最終的にどうするのか、マスコミの予想をはるかに超えたことが起こるでしょう。そういうものです。

ページの先頭へ戻る


決戦のポイントは、加藤氏がブレないこと

[11月20日(月)午前11時記す]

─ 1 ─

11月20日付朝日新聞夕刊一面トップ1文字アキいよいよ問題の日となりました。11月20日というは、政治的には今年でいちばん長い日となるでしょう。加藤政局の第一幕の、ひとつの結果が出ます。この数日間、不信任案が可決されるかどうかという数の面からの報道が中心になっています。それも大事なことですが、加藤政局の本質は、そんなことではないのです。加藤氏が突きつけた問題提起に、自公保連立政権の主流派といわれる人々(公明党もふくむ)がどう対応するか、ということなんです。少なくともいまの時点では、自公保連立の主流派は公明党をふくめて、問題の本質が分かっていないばかりでなく、まさに加藤氏が提起した問題とまったく逆の方向のことをやっています。

1文字アキこれまでのこの戦い、不信任案が可決されるかどうかは別として、政治的には加藤氏の完勝です。森首相の進退など、政治的にはもうどうでもいいことなんです。国民はとうの昔に、森首相など見限っています。国民がいま問題にしているのは、このような森首相を支えている自公保連立という体制なんです。「森の中の青き亀」などといわれている面々が、いま、そのターゲットになっているんです。それなのに、この人たちが前面に立って事態収拾を図ろうとしているのですから、風はますます加藤氏にいい方向に吹いてくるのです。

1文字アキなんでこんな簡単なことが分からないのか、不思議でなりません。昔の自民党ならば、こういうときに時の氏神といわれる人がでてきて、事態収拾にあたったものです。今だっていることはいるんですが、「森の中の青き亀」さんたちに気を使って、またこの人たちの歓心を買って自分がいいところにいきたいと思っているものですから、ダンマリを決め込むだけではなく、その走狗となっているのです。池田グループの結成など、その最たるものでしょう。加藤氏が突きつけた問題は、このような自民党でいいのかということなのです。国民が加藤氏を支持しているのは、このことなんです。

─ 2 ─

1文字アキ舞台回しは、加藤氏にますます有利に回っています。野中幹事長が高圧的に出ればでるほど、加藤氏のいっていることに対する国民の理解は深まり、自民党がもうどうにもならないほど時代遅れの政党であることを白日のもとに曝けだすだけです。いま、「森の中の青き亀」執行部の大義は、野党が出す不信任案に賛成するという形式的な非を訴えることしかありません。しかし、国民は、自民党という政党が政権党であることの正統性すら疑いだしているのですから、その政党の形式的な正統性に過ぎない党規約をもちだしてきても、国民の共感を得ることはまったくできないでしょう。

1文字アキ昨日の栃木県知事選の投票結果は、まさにこのことを象徴するに十分なことなのですが、感度が鈍いというのか多くの自民党の国会議員は、「森の中の青き亀」執行部の恫喝に右往左往しています。選挙になれば、国民の恫喝の方が本当は怖いということを知りつつも。こんな政治家は、この際もう放っておけばいいのです。正しい時代認識ができ、勇気をもって行動できる政治家が何人いるかだけをみていればいいのです。

1文字アキ今日の動きのポイントは、加藤氏が最後までブレないで断固として行動できるかです。もちろん、その数が多ければ多いにこしたことはありませんが、必ずしも本質ではありません。

1文字アキ加藤氏を敵に回してしまった自民党に、国民の支持が集まるはずはありません。加藤氏が抜けてしまった自民党は、坂道を転がり落ちるように凋落していくだけです。加藤氏が体現しているものは、自民党にとってそれだけ大きいものなのです。このことに気がつかないのならば、もうどうしょうもないということです。

1文字アキ私は、これまでに何度か「落ちるところまで落ちたら」といってきましたが、私のいいたいことは、こういうことなんです。採決までには、まだかなり時間があります。何が起こるか、最後の最後まで分かりませんが、いずれにしても、平成12年11月20日という日が、自民党にとって歴史的な日となることだけは間違いありません。

ページの先頭へ戻る


土壇場でのブレで加藤氏は敗北

[11月21日(火)午後1時半記す]

1文字アキ今朝未明に就眠して、今日の新聞に目を通し、なかなか考えが整理できず、いまになりました。この10日間ばかり、私もいささか緊張していたために、昨晩の幕切れはあまりにもあっけなく、不甲斐なく、また不可解で、なかなか眠ることができませんでした。そして、なによりも加藤紘一という政治家がこれから歩まなければならない道に思いをいたすとき、あまりにも悲しくかつ痛恨やみがたいものがあり、長年の盟友だけに私の心のなかで整理できないものがありました。賛成から欠席に路線をかえたのは、やはり数であったようです。

1文字アキ加藤氏のサイトには、まだ何のコメントもありませんが、山崎拓氏のサイトには、次のような山崎氏のコメントが載っています。

1文字アキ内閣不信任決議案採決の衆院本会議に欠席する結果となり、国民の皆様に心からお詫び申し上げます。本当に無念です。直前まで可決できると信じ、賛成票を投じると皆様にお約束してまいりました。多くの方から「日本の政治が変わるかもしれない」という期待を託していただいただけに、その分どれだけ失望も大きいことか、激励して下さった皆様、お一人お一人にお詫びしたい気持ちでいっぱいです。

1文字アキ私達は過半数の賛成票を獲得すべく、ギリギリまで全力を尽しました。政局転換の意義を訴え、政権交代を目指して、やれることは全てやったつもりでしたが、残念ながら自民党主流派の激しい切り崩しに合い、本会議前にすでに勝負はついていました。決戦を避けたことは、これこそ自民党的な密室政治の所産だと批判を受けるでしょう。しかしそうではなく、圧倒的な国民の声援に支えられながらも、力及ばず、議会内の多数工作により完全に敗れ去ったということに他なりません。

1文字アキ加藤紘一氏とともにご期待に添えず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。日本の政治を変えるという出発点に立ち戻り、歯をくいしばって再起を期して参ります。

1文字アキ私は、昨日の昼、まだ加藤氏が不信任案に賛成するとのべていたとき、また加藤氏が不信任案の可決に自信をもっているとのべているとき、次のようにいいました。「今日の動きのポイントは、加藤氏が最後までブレないで断固として行動できるかです。もちろん、その数が多ければ多いにこしたことはありませんが、必ずしも本質ではありません」と。加藤政局の本質は、実は不信任案が可決されるかどうかではなく、加藤氏とその同志が最後までブレないで行動できるかどうかだったのです。また、加藤氏にそのような断固とした決意と迫力があれば、自民党のなかの議員の動きも変わってくるのです。それが、政治というものです。

11月21日付朝日新聞夕刊一面トップ1文字アキ残念ながら、11月20日の加藤氏の行動は、私がいちばん危惧していたことが現実となってしまいました。それだけに、加藤氏の行動を支持してきた方々には、大きな失望となってしまいました。白川BBSの意見も圧倒的にこのようなものです。また、テレビや新聞に寄せられている声も同じようです。いま私が心配しているのは、このリアクションです。期待が大きかっただけに、そのリアクションは大きいと思います。しかし、加藤氏は自ら決断したことですから、その責任も自ら取らなければなりません。それが自由主義政治家の生き方です。厳しいことと思いますが、隠忍自重の上、今回の変革の志が本物であったことを国民の前に示されることを期待します。

1文字アキいろいろな意見があると思いますが、これまでも述べてきたように、加藤騒動を鎮圧した自民党執行部が本当に勝利したわけではないというだけは、改めて確認しておきます。これから、自民党・自公保連立に対する評判・支持は、ますます悪くなってくるでしょう。加藤政局の最初に、「加藤が死ぬのか、自民党が死ぬのか」と書きましたが、私には「加藤も死に、自民党も死ぬ」という気がしてならないのです。

(追記) 加藤氏のサイトに、11月22日付で次のようなコメントが載っています。

加藤紘一です。

1文字アキ私は、政治家が変わっていかなければ、日本全体を変えることは出来ないとの思いで今回の行動をはじめました。

1文字アキそれ以来、ホームページを通じて頻繁に私の考えをお伝えしてきましたが、11月10日以降今日までに1万5千通を超えるメッセージをいただきました。皆さんからの激励メールが私にとって何よりの励みでした。

1文字アキ厚くお礼申し上げます。

1文字アキ今回は戦術、戦略上の判断ミスもあり、敗北でした。

1文字アキ結果として、今の私の力量不足を、国民の皆さんにお詫び申し上げます。

1文字アキ特に、不信任案に賛成すると明言しておきながら、本会議欠席に回ったことで、皆さんから厳しいご批判をいただいたことについては、真摯に受け止めております。

1文字アキしかし、「政治家が変わらなければ日本全体を変えることはできない」との思いはもちろん変わっておりません。

1文字アキ今後は、私と共に命がけで歩んでくれた同志諸君に感謝しつつ、初心忘れることなく、改めて同志と共に力強くこの問題に取り組み、行動することが、皆さんへの信頼回復の道であると心得ております。

1文字アキドラマは長く続くと思っております。

1文字アキこの10日間の動きの中で自分なりに感じた思いの若干を、今後ホームページの中で語っていきたいと思います。


ページの先頭へ戻る


戦いすんで、日が暮れて

[11月24日(金)記す]

─ 1 ─

加藤騒動を特集したニューズウィーク誌1文字アキ加藤騒動が鎮圧されて、この数日間続いた痛烈な加藤バッシングもこの週末でおさまるでしょう。そして、自民党政治は、また同じように進んでいくことでしょう。それにしても、今回の行動で加藤氏が払った犠牲はあまりにも大きなものでした。20数年間、加藤氏と政治行動を共にしてきた者として、また加藤氏の政治的な考えを誰よりも理解してきた者として、加藤氏のためというより日本のために、今回の犠牲を私は惜しむものです。

1文字アキ加藤氏が、野中氏をはじめとする自民党執行部 ── 自民党主流派の旧時代的体質におしつぶされてしまったことにより、これから自民党の内部における改革を期待する人は、ほとんどいなくなるでしょう。加藤氏をもってしても、あの自民党の旧時代的な体質を変えることができなかったという事実は、これから若い人たちがいくら自民党の改革を叫んでみたところで、多くの国民が聞く耳をもたなくなるでしょう。

1文字アキこれは、自民党にとってかなり致命的なことを意味します。保守政党である自民党は、内部における自己改革を期待する人たちによって、かろうじてその命脈を保ってきたのです。自民党のなかで活動してきた私には、そのことが皮膚感覚として分かるのです。

1文字アキ少しでも政治的に鋭い感覚をもっている自民党の国会議員なら、このことは十分に分かっていたはずです。しかし、この人たちは、加藤氏を理解はしても、支持しませんでした。これが加藤氏を敗北させました。そして、このことにより実は、自分たちも敗北することになるのだということに気がついている人は、まだ少ないようです。でも、それはほとんど間違いないことだと、確信をもって、私にはいう自信があります。

─ 2 ─

ニューズウィーク誌見開き特集扉1文字アキ一方、加藤氏も、自分のやっていることの政治的意味を正しく理解していない面があったことも指摘せざるを得ません。今回の加藤政局を総括するとき、加藤氏の行動がもっていた意味をもう一度ふり返る必要だと思います。加藤氏が「不信任案に賛成する」といったときから、加藤氏がどう思うが、それは自民党の枠を超えた行動であることを意味していたのです。自民党の枠を超えたときから、国民の関心や期待が加藤氏に集まるのは当然のことですし、これを非難することはできなかったと考えます。しかし、この時点で一つの矛盾というか、今日の事態を予想するに足りる、気になることがありました。それは、自民党を離党しないと加藤氏がいい続けたことです。

1文字アキ多くの人たちは、これを戦術的な言葉と受け止めていました。しかし、加藤氏や加藤氏と行動をともにした人たちは、最後の最後まで意外に本心だったのではないかということです。このことは、テレビなどでも司会者などが指摘していましたが、加藤氏は最後まで自らの離党を否定していました。 野党の不信任案に賛成するということは、常識的に、自らの離党はなくとも除名されることを意味します。それでも賛成するということは自民党を離れるということを覚悟しての行動、との期待は高まります。加藤氏が主観的にどう思っていようが、「不信任案に賛成する」ということは客観的にはそういうことを意味します。言葉がもっている魔力というものでしょう。

1文字アキこの落差が、加藤政局を総括するときのいちばんのキーのような気がします。私は、加藤氏が不信任案に欠席するといったときから、加藤氏の言葉のもつ客観的な意味を前提にして、加藤政局を論じ、かつ予測しました。私の予測がはずれた理由も、ここにあります。加藤氏を20数年間もいちばん身近でみてきて、加藤氏をいちばん理解していると自負する私が読み違いてしまったのですから、多くの国民が読み違えてしまったのは当然だと思います。私の場合は、私の不明を恥ればすむことですが、多くの国民が加藤氏の今回の行動を責めるのは、やむを得ないことと思います。加藤氏も、この人たちに対する責任だけは免れることはできません。

─ 3 ─

1文字アキ政治は、言葉によって戦うものです。言葉が武器でないというのなら、昔のように、弓でも鉄砲でも持ってやればいいのです。でも、そうはいかないでしょう。政治家にとって、言葉は最大の武器なのです。言葉を武器として使えない政治家は、武器をもたない士(さむらい)ということになってしまうのです。武器をもたない士(さむらい)は、戦いの世界で生きのびていくことはできません。

1文字アキ私自身、このことを、これまでの政治生活のなかでいやというほど知らされてきました。田中角栄元首相の金権体質への批判発言、憲法に対する発言、政教分離問題に関する発言などによって、党内でどれだけつらい立場に立たされたか分かりません。でも私は、自分が政治家としてひとたび口にしたことは、絶対に理由もなく撤回しないと心に銘じてきました。

1文字アキそれは、政治家としての信用を損なうだけではなく、政治家としての武器を失うことを意味すると考えるからです。これは、政治の世界だけのことではないとは思いますが、政治の世界では、これがいちばんの基本だということです。今回の不信任案に欠席をした議員も、反対票を投じた議員も、このことをいやでも身をもって知らされることになるでしょう。

─ 4 ─

11月26日付朝日新聞朝刊1文字アキ最後に一つだけ言いたいことがあります。加藤氏の行動も、森内閣に対する国民の支持がないということが、最初の出発点でした。これに対する意見は、党内のほぼ全員の認識のようですが、森内閣に対する支持が少ないということの原因に、公明党との連立があるということをいう人が皆無だったことです。このことは、「自民党の明日を創る会」の人たちにも共通することです。

1文字アキしかし、あらゆる世論調査で自公保連立に対する国民の支持が20パーセント前後に過ぎず、公明党が連立に参加して一年以上になるのに、反対がいまなお50パーセントを超えているのです。このような事実にみれば、公明党との連立を問題にしない主張は、事態の本質から目を背けていると、私には思えてしょうがありません。公明党との連立は、自民党の国会議員が考えるよりはるかに、自民党に対する国民の認識と評価をさげているのです。

1文字アキこのことに気がつかないなんてよほどの○○か、気がついていてもこれをいうことができないような自民党の国会議員は、よほどの○○○でしかありません。もう、○○としか表現できないような状態の現在の自民党は、国民の心をつかむこともできなければ、期待も集めることもできないでしょう。

1文字アキこんな政治状況のなかで、わが国は21世紀を迎えようとしているのです。暗澹たる気持にならざるを得ません。

(了)

ページの先頭へ


白川勝彦OFFICE
katsuhiko@liberal-shirakawa.net

Copyright© K.Shirakawa Office 1999
Web pages Created by DIGIHOUND.,1999