タイトル画像(小)クリックしてください。HOME | 主張 | 略歴 | 著書 | 永田町徒然草目次 | 論文

1999年最初の徒然草(No.1)へ2000年最初の徒然草(No.10)へ前へ画像:永田町徒然草最新の徒然草へ

No.76 | No.77

8月13日(日)

No.77透明スペーサー

今日はお盆

透明スペーサー今日はお盆。お墓参りの日です。帰省して郷里のお盆を楽しんでおられる方も多いと思います。東京などでは7月がお盆ですが、帰省ラッシュも起こらないのですから、やはり本当のお盆は8月ということでしょうか。いずれにせよ、お盆というと真夏ということです。でも、今日の東京は、台風がきた関係で一日雨が降ったり止んだりしていたため、窓から吹き込む風は肌寒い感すらあります。真夏のなかに、秋もしっかりとあるんですね。暑い暑いというのも、もうあと半月くらいでしょう。

透明スペーサーところで、懐古趣味ではないのですが、実は、私の小さい頃の夏の思い出をいくつか書こうと思っていたのです。今日は、お盆に関する私の小さいときの想い出を書きます。

透明スペーサー私が育った時代は、小学校の時から高校まで、夏休みは8月1日からでした。いまと違って、ただ学校に行く必要がないだけで、夏休みといっても、楽しいこと盛りだくさんのいまの夏休みとは、ちょっと事情が違いました。小学校3〜4年のころともなれば、多少は自我がでてきます。しかし、まったく白紙の一日をどうやって過ごすか、とても大変だったような気がします。

透明スペーサー私が育った十日町市四日町という集落は、十日町市の中心から2キロくらい離れている、150戸くらいの準農村地帯でした。私の家は機屋(はたや)をしておりました。他にも数件の機屋がありましたが、集落の中心を200〜300メートル離れば、完全な農村地帯でした。西に200メートルもいけば、河岸段丘でした。私たちが住んでいる段丘の下は、家一軒もない広い田んぼがひろがり、信濃川が一望できました。この段丘の境に防風のために作られた森や林があり、ここで長い一日の半分くらいを過ごすことが多かったように思います。

透明スペーサー集落には、私と同じように一日をもちかねる多くの子供がいっぱいいるのですが、朝からみんなで集まって遊ぶということはあまりなく、夕方くらいまでは、一人ひとりがなにかをして時間をつぶすことが多かったような気がします。だれも相手がいないなか、一人で森や林や川の中で時間を過ごすというのは、けっこう骨が折れることなのです。ですから、夏休みというと、長くて空白な時間をどうつぶすのかいうのが、小さいころの私の感じです。その孤独のなかで白川は強い自分をつくった、などというつもりはありません。でも、何かをして半日近くを過ごしていたことだけは確かであります。それがなんであったか、あまりはっきりと思い出せません。そんなにアトラクティブなことはなかったのでしょう。

透明スペーサーこんな調子の毎日がつづくのですから、夏休みが始まって約半月後のお盆は、たいへんうれしく楽しいものでした。13日はお墓参りの日で、暗くなったころ、お盆の色とりどりの提灯を子供たちが持って、それぞれの家がお墓参りをしました。私の家の真ん前が真浄院というお寺で、ふだんは真っ暗なお寺に多くのロウソクの火が点り、それは妖しいまでの風情があるものでした。その前庭でけっこう大きな盆踊りもあり、これが2〜3日あり、少なくともお盆の最中は、一人で長い空白の時間をつぶさなければならないという苦労はいりませんでした。

透明スペーサーいまでも盆と正月が一緒にきたといいますが、貧しいながらも、母が心づくしの田舎料理を、たくさんつくってくれました。そのなかには棒ダラというのがありました。子供の私にはどうしても美味いものではありませんでしたが、冷蔵庫もなにもない時代ですから、真夏の魚料理といえば、こんな物しかなかったのかもしれません。いまは、棒ダラなんか滅多に口にしませんが、あることはあるそうで、しかもけっこう高いのだそうです。いま食すると、なかなかのものです。

透明スペーサーそれから、忘れられないのが、お盆の4日から5日前くらいに、その真浄院(曹洞宗のお寺で、我が家の菩提寺)に、多分教団本部か宗教系の大学の劇団がきて、宗教的な人形劇を上演してくれました。毎日毎日を、先に述べたような空白のなかで過ごしている少年たちには、非常に強い宗教的な印象をあたえるものでした。どんな話であったかはほとんど記憶がありませんが、ズバリ、地獄・極楽の話もあったよう気がします。10歳前後の私は、私の育った環境でしょうか、地獄・極楽を素直に信じていました。

透明スペーサー私ごとを書きつらねました。人にはみな小さいころの大切の想い出がいっぱいあります。そういうものを大切にしたいものです。

21:30         父・母を偲びながら

名前「白川勝彦」毛筆体画像透明スペーサー


8月11日(金)

No.76透明スペーサー

トラブルに巻き込まれました!

1

透明スペーサー前号で暑さのことを書きました。その続きもまた暑さ・真夏の話題を書こうと思っていました。その一つに暑くて人間が思うように仕事がはかどらないのに、コンピュータ・インターネットは暑さに関係なく動いている、こんなことをネタに雑文のしたためようとおもっていたところ、8月7日午後から私のPCがインターネットに接続をしなくなってしまいました。いわゆる接続エラーが続くのです。

透明スペーサー最初は接続先がビジィーなんだろうと思い、エラーの案内のとおりまたあとでと思っておりました。翌日もなんど接続を試みても同じようなエラーが続くのです。これは普通のビジィーではないと思って、Webマスターに電話したところ、「そういうことはけっこうあるんです。もうちょっと待ってみたらどうですか」ということでしたので、もうしばらくこのまま様子をみることにしました。9日一泊の出張があり、帰ってきてもういいだろうと思って接続を試みたのですがまたダメなんです。これは、トラブルだと思い何とかしなければならなくなりました。

2

透明スペーサー困ったことに、こういうとき私をアシストしてくれる電脳秘書がいま海外旅行でいないのです。 私の接続方法は、PHSを使ってDIONでインターネットにつなげる方式です。ですから、まずDDIに電話したところ、なんとかセンターというところにつないでくれました。

透明スペーサー女性の方がでて丁寧にいろんな指示をしてくれます。「マイコンピュターを開いてください、そこのダイヤルアップを左クリックして下さい、電話番号を訂正して下さい」とことこまかにチャレンジしてくれるのですが、なかなか原因が分からないのです。都合2時間以上いろいろと機械操作をやった挙句、「NO CARRIER]というのがでた段階で、相手は鬼の首を取ったように「これは、PHSカードに問題があります。 メーカーに聞いてください」というんです。では、どこにいってどうしたらよいのか聞いても、いろいろありますからというだけで取り付く島がないのです。

透明スペーサーそこで、カードを抜いてみてメーカーを調べてみると、そこには「セイコーインスツルメンツ株式会社」と書いてあるだけで、住所もなければ電話番号もない。メーカーに聞いてくださいというだけでは素人にはどうしてみようもないじゃないかということです。そこでWebマスターに電話して、原因はPHSカードに問題があることが分ったことを伝え、では、どうすればいいのかということになりました。私の考えでは、PHSカードがダメなのならばこれをとりかえればよいと思うのだが、どうもそう簡単ではないとのこと。PHSでの接続契約をしたときの契約書などがないと簡単にはできないとのことですが、それは電脳秘書がいないため私には分からないのです。

3

透明スペーサーWebマスターの指示で新しくもう一つPHSカードを買って接続をすることにしました。それは、「新宿西口駅の側…」のYカメラにいけばよいということなので、そこで新しいPHSカードの契約をすることにしました。これは比較的簡単に買えたのですが、これで一件落着かと思いきや、そうはいかないのです。こちらは、要はインターネットに繋げたいのですが、それはここではできないというのです。ノート型パソコンですから、付いてきたフロッピーを差し込むところがないのです。この操作をしないと実際にインターネットにはつながらないんだそうです。それはパソコン売り場に行ってやってもらわなければダメだというのです。

透明スペーサーこっちはパソコン売り場にゆけは簡単にすぐやってもらえるものと思いきや、そう簡単にはゆかないのです。まず、外付けの器具を買ってくれというのです。そうしたら、そのサービスとしてフロッピーを入れるのは営業時間外でさせていただきますというのです。私は手許にそんな器具を持っていないし、どうしたら入れられるかも分からないので、ではお願いしますということでたのむことにしました。

透明スペーサー3時間くらいかかるというので、私は別の用件をすませるために永田町の方に向かいました。そうしたら30分くらいで接続OKになりましたとの電話を携帯にもらいました。永田町での用件をすましてYカメラでインターネットに繋がるPCを手にしたのが午後7時30分ころでした。最初にYカメラに着いたのが3時ころでしたから4時間くらいかかりました。

透明スペーサー結論からいうとそんなに時間はたっていないのですが、要はいい方なんだと思います。もともと簡単なことなんですから、「分かりました。まかせてください」とまずいってくれればいいんですが、そうでないから非常に長くまたイライラしたのではないかと思います。これは、DDIのなんとかセンターの女性の対応もそうだと思います。まず、どうしたらよいのか教えることが大切なことだと思います。

透明スペーサーなお、念のためYカメラの店員の名誉のためにいっておきますが、その店員さんはPHSカードのフロッピーを入れるために必要な外付けの器具は今後使いますか?もし、使わないのならば買う必要はないですよといってくれました。私はどういう時に必要な器具か知りませんし、またどうして使うのかわかりませんが、お世話になったのですから感謝の気持ちで買いました。

4

透明スペーサーいずれにせよ、自宅に帰って改めてインターネットに繋がったときは、少々いや非常な感激でした。また、私のPCが不通だった4日間にBBSにたくさんの書き込みをしていただいておりました。感謝申し上げます。少しはレスを書き込もうとおもいましたが、前日の旅行の疲れと約小一日つづいた接続騒動でクタクタになってしまい、バタンキューで寝てしまいました。今日11日は金曜日でどうしてもやっておかなければならないことがたくさんありましたので、長い間の更新できなかったことのお詫びかたがた、トラブルの顛末を報告した次第です。

透明スペーサー今回のトラブルの原因がなんであるか私には分かりませんが、暑い中でもインターネットは動いている、働いていると礼賛の話をしようと思ったのですが、ちょっと気合を削がれてしまいました。しかし、私のこの些細なトラブルはトラブルとして、インターネットが働き者であることにかわりありません。現に私は、いろいろと助かっています。そして、その傾向はますます強まっていくと確信しています。また、そのために私は努力したいと思っています。

透明スペーサーただ、いつも思っていることですがコンピュータに詳しい人は、下世話なことに詳しくないのではないかということです。コンピュータが奉仕しなければならないのは、世間の暮らしを便利にすることだと思います。コンピュータに合わせて世間が変わるのではありません。どうも、ここのところ逆転して考えているコンピュータ関係者がけっこういるような気がするんです。私は、コンピュータの技術的なことに関しては全くの素人ですが、コンピュータが何ができるか、また何をしてほしいかということについては多少は勉強したつもりです。そういう目から見るとコンピュータで仕事をしている人に、主客が転倒している人がけっこういるんじゃないかという感じを覚えたことがなんどかあります。

透明スペーサーこれから、年配の方々がコンピュータの世界、インターネットの世界にドンドン入ってくることと思います。私などのその一人といってもよいかもしれません。だから、コンピュータの側、インターネットの側は、年配の人にもっと親切でなければならないのだと思います。ですから、今回のことも恥を忍んであえて書き、この分野に携わる人のなにかの参考にしてもらえれば幸いです

透明スペーサー今週は炎天下の散歩、一回しかできませんでした。明日はちょっと長めの炎天下の散歩を楽しむつもりです。

残暑、お見舞い申し上げます。

20:45         久々にPCに向かって

名前「白川勝彦」毛筆体画像透明スペーサー

1999年最初の徒然草(No.1)へ2000年最初の徒然草(No.10)へ前へページの先頭へ最新の徒然草へ
クリックしてください。ページの先頭へ戻る | 永田町徒然草目次


白川勝彦OFFICE
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1-209 議員会館内
katsuhiko@liberal-shirakawa.net
PHONE 03-3508-7705

Copyright© K.Shirakawa Office 1999-2000
Web pages Created by Over Rev Co.,1999-2000