白川勝彦BBSメインサイト・ホームページへ戻る | BBSへ戻る

 

リベラル白川ネット 書込交流広場(BBS)における白川勝彦発言録 (6月12日分まで)


沢山の書き込み、御礼申し上げます。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 11 Jun 2000
時刻: 21:01:07


Comment
1 公職選挙法の規定により、残念ながらこのBBSを6月25日まで閉鎖いたします。開設以来6ヶ月余で、約15,000件の書込をいただきました。心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

秘書の件で不本意なことを徹底的に書かれたり放映されて、その対応にクタクタになって帰ってきて、夜このBBSを開くとまた創価学会関係者の狂舞しているような書込みがありました。いい加減にしてほしいと思ったことも正直いってありました。しかし、現実を直視する、その現実から出発するというのが私の政治的生き方です。それらも丁寧に一つひとつ読みました。決して無駄ではありませんでした。私の敵の姿がより鮮明になり、敵の攻撃パターンを知ることができました。この世に存在するものは、すべて意味を持っているのです。

2 それに比べれば、私の政教分離論に対する反論・面罵などは、一般の方々にはちょっとやっかいだったかもしれませんが、私にとっては何でもないことでした。創価学会の方々というのは、他人の言っていることややっていることをよく理解しようとしないんですね。私の見解を読んで、その上の反論ならば、私も再反論をするつもりでした。しかし、そのようなものは、あれだけの書込みがあったにもかかわらず、ひとつもありませんでした。だから、私は、私の政教分離論について、一切の再反論をしませんでしたし、その必要性を認めなかったのです。私の見解をちゃんと読んで下さった方には、彼らの批判が「反論」にもなっていないことが明らかだと思ったからです。創価学会=公明党の反論に対する再反論を「永田町徒然草No.62」に書いておきましたから、ぜひお読み下さい。

3 私のWebサイトを開設してから今日まで短い間でしたが、実にいろいろなことがありました。創価学会や公明党からこれだけの攻撃を受けた政治家は、外にはいないでしょう。しかし、それは、私の主張や行動が彼らにとって目障りだったり耳障りだったということの証明だと思っています。それは正論だという証明と自負しております。激しい陰謀や謀略にさらされているなかでも、この私を一生懸命激励し守ってくださった多くの方々に、心から感謝申し上げます。皆様の温かいご激励が、私の戦うエネルギーとなったのです。

また、私を攻撃する意図をもった書込みは別にして、多くの方々から貴重なご意見やご教示をいただいたことに心から御礼申し上げます。私を攻撃する目的のみを持った書込みに対し、多くの方々から果敢に反論して私を擁護してくださった方々に感謝申し上げます。この反論がなかったならば、このBBSは創価学会関係者に占拠され、閉鎖に追い込まれていたかもしれません。こうした書込み・レスがあったからこそ、このBBSは「日本で一番ホットなBBS」との評価を得ることができました。インターネットが双方向の情報伝達ツールだといわれますが、BBSがなければ双方向といえないのではないかと私は思います。政治家のWebサイトでBBSを設けているほうが圧倒的に少ないことを、私は奇異に感じます。私はあまり深く考えずに当然のこととしてBBSを設けました。まあ、私のようなメインテーマでなければ、このような荒しはまずないと思います。ぜひBBSを設けることをお勧めします。

4 最後になりますが、このBBSや私のWebサイトを維持・管理するために、不眠不休で頑張ってくれたWebマスターと私の電脳秘書に心からの謝意を表します。匿名原稿の削除や見やすいページをつくるということは大変なのです。私のWebサイトのため他の仕事に支障があったのではないかと心配しています。

できるだけホットな情報を可及的速やかにということでWebマスターや電脳秘書を深夜たたき起こし、up dateしたことがしょっちゅうありました。本当に申し訳なく思っております。T君! W君!本当にありがとう。

──────────────────────────

いよいよ明日から戦いに入ります。日本の自由と正義をかけた戦い―――全軍の先頭に立って戦い抜き、必ず勝ちます。

6月26日、またお会いしましょう。再見!

  陣中にて

    白川 勝彦


--------------------------------------------------------------------------------


6月11日、おはようございます
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 10 Jun 2000
時刻: 16:57:25


Comment
今日は、加藤紘一先生をお迎えして4ヶ所で総決起大会を開催します。頑張ります。いよいよ戦いです。完全に戦闘態勢です。燃えています。

昨晩、永田町徒然草を書いておきました。昼ころにはupdateされるでしょう。ぜひ、みて下さい。


--------------------------------------------------------------------------------


6月10日、おはようございます。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 09 Jun 2000
時刻: 16:17:59


Comment
朝のミーティングを終えて,これから出発してきます。

昨日は,久々に出生地の十日町市に行ってきました。ここは中選挙区の時も、私が70パーセント余得票した地域です。今回もこの地域は,燃えに燃えております。私もいろんな選挙・政治家を見てきましたが地元をしっかりと固めかれない政治家は結局は選挙に強くなれないのです。全体の5分の一の有権者数しか,この十日町地区にはないのですが私が過去戦いに勝てたのは、この十日町地区の固い結束があったからです。

今日は夜、新井市・頚南地区の総決起大会です。今日,昨晩書いた永田町徒然草をupdateするよう指示しておきました。また,覗いてください。

それでは,行ってまいります。皆さんの今日一日、頑張って下さい。


--------------------------------------------------------------------------------


おやすみなさいです―6月8日
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 07 Jun 2000
時刻: 09:56:13


Comment
明日は、朝一番で上京のためごあいさつできません。したがって、いま書き込んでおきます。

おかげさまで、着々と態勢が整いつつあります。同志が火の玉になりつつあります。もう少しです。全力で頑張るのみです。コンピュータが、フル活動しています。短期決戦が可能なのもコンピュータのお陰です。コツコツと活動し、コツコツとデータを貯めていたのがいま効いています。

全国の皆さんの励ましの言葉を事務所に貼るようにします。激励の言葉やご意見、ドンドンお待ちしています。

それでは,おやすみなさい。

     01;56 記す


--------------------------------------------------------------------------------


6月7日,おはようございます。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 06 Jun 2000
時刻: 16:19:06


Comment
新潟6区は,毎日いい天気が続いております。今日もいい天気です。皆さんのところはどうですか。

白川軍団、完全にフル活動に入りました。ものすごいパワーです。感謝すると同時に心強く思っています。また、私の全力を出して戦わなければならない、勝ちぬかなければならないと決意が日々高まってきております。必ず勝ちます。どうか,皆さんの力強い応援をお願いいたします。

永田町徒然草No.60、ご覧いただけましたか? このような憲法認識しかないのかと愕然をしなした。彼は、「護憲」を旗印としてきた元社会党代議士なんですよ。人は、看板じゃない、中味を看ないといけない。そういう時代なのかもしれません。これ万事にいえることのようです。

今日も一日、全力で頑張ります。 書き込み、待っています。私の元気・ファイト・決意の源泉ですから。

それでは、行ってまいります。


--------------------------------------------------------------------------------


BBSにおいでの皆さん、おはようございます。
From: 白川 勝彦
Category: その他政治
日付: 05 Jun 2000
時刻: 15:07:56


Comment
皆さん、おはようございます。昨日は午前1時に寝ました。今朝は、6時に爽やかに目覚めました。毎日こんな感じです。ナポレオンは、3時間しか寝なかったといいますが、自分の経験からいっても、ありうることだと思います。

毎日元気に頑張っております。ご安心下さい。このBBSに昔なつかしい人を含めて、創価学会の人がいっぱい書込んでいますが、わが6区にも長野、富山、東京ナンバーの創価学会の人が沢山きています。色々と頑張っているようです。これまでの6区の選挙ではなかったことが流行っています。新しい選挙文化に私たちの同志は接しています。勉強になります。

何が起きても、私は驚きません。それが戦いというものです。ただ、政治も選挙も、要は中味で決まります。志と義があるかで、勝敗は決せられるのです。戦っていて、わが志、高まるばかりです。このBBSの嫌らしい書き込みをみても、それはわが闘志をかきたてるだけです。心配しないで下さい。

元気で毎日戦っています。確かな手応えを感じながら。どうか、このBBSでも温かいご声援をして下さい。それは、全国の同志への励ましにもなります。

では,行ってまいります。今晩、またお会いします。


--------------------------------------------------------------------------------


ご激励・示唆に富む書込み、ありがとうございます。
From: 白川 勝彦
Category: その他政治
日付: 03 Jun 2000
時刻: 17:19:47


Comment
毎日超ハードなスケジュールをこなしています。短期決戦ですが、わが同志の努力で着々と戦列は整えられています。必ず勝たねばならぬとのとの信念で戦っています。

こんな状態ですが、帰ってきてからこのBBSだけは必ず拝見しています。多くの方々からのご激励・示唆に富む書込み、感謝いたします。励まされます。演説でも使わせていただける素晴らしいものも沢山あります。どうかどんどん、いいたいことや情報などを書き込んで下さい。必ず参考にさせていただきます。

「夜明け前解散」について、いくつかの賛同のご意見をいただきました。加藤紘一先生に伝えます。いや、加藤先生に私のサイトみるようにいいます。加藤先生もインターネットを駆使される政治家なんです。21世紀を築こうという政治家なんだから、インターネットくらいやらないと話にならないじゃないかということで同じころ始めたのです。

また、私のサイトは公明党と戦っている候補者・その支持者・政教分離を真剣に考えている政治家や識者が必ず見ているサイトです。だから、こうした方々への激励・参考にもなります。創価学会関係者の発言も、彼らが内部でどういって私たちを攻撃しているのか分って非常に大切な情報なのです。そうでないとあの方々の動きは私たちには分りませんから。

時間がきてしまいました。今日も元気で頑張ってきます。夜には必ず拝見しますから、書込み待っています。


--------------------------------------------------------------------------------


Re: 独占禁止法
From: 白川 勝彦
Category: その他政治
日付: 31 May 2000
時刻: 07:24:09


Comment
役所から説明を聴いていたのと自分でインターネットを始めてみて体験したことは全然違いました。本当に通信料は高いと思います。

通信料が高いから切断する。再接続するときの待ち時間にも賃金を払わなければならない。これもロスでしょう。いずれにしても、革命的な改革をします。ただ、いまは選挙に専念させて下さい。


--------------------------------------------------------------------------------


Re:同意します。
From: 白川 勝彦
Category: その他政治
日付: 31 May 2000
時刻: 11:07:25


Comment
「自自公連立の政治論的批判」のいちばん最後に自自公に代わる政権ビィジョンを書いたつもりです。ないのではなく書けないだけです。いずれ明らかになるでしょう。参考にして下さい。


--------------------------------------------------------------------------------


北川さん、堀井さん、頑張って!
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 31 May 2000
時刻: 11:36:41


Comment
私は、北川さんも堀井さんも知っています。メールを何度もいただきましたから。でも、書き込みは怖いといってなかなか踏み切れなっかたみたいです。でも、書けば何でもないでしょう。いい先輩が沢山います。どうか、これを機に気軽に書いてください。誰かが苛めるようでしたら、皆で応援します。もちろん、私も。

みなさん、北川さん、堀井さんを見習いましょう。

でも、最近はしゃべるのが商売の政治家でもしゃべらなくなったのですから、たいへんなことは痛いほど分かります。みんな自自公以来の風潮です。自公保になってからはもっとひどくなりました。なせか?

それは、「自自公連立の政治論的批判」に書いておきました。私の予測は恐ろしいほど当たりました。


--------------------------------------------------------------------------------


なかなか画面が変わらないため3回押してしまいました。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 23 May 2000
時刻: 21:54:55
リモート名: 210.238.173.235


Comment
表題の通りです。失礼しました。


--------------------------------------------------------------------------------


いろーんな波が押し寄せてきた。それでも舟は進んでゆく。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 23 May 2000
時刻: 18:42:12
リモート名: 210.251.20.71


Comment
  この一両日で、我がサイトのHPのアクセスカウンターは十万を超えることでしょう。おおぜいの皆さまのご愛顧に本当に感謝申し上げます。

 私はこれまで出来るだけマメに更新すべく努力はしてきましたが、そんなものはたいしたことはありません。我がサイトを前に前に進めてきたものは、このBBSでした。おおぜいの方々の書き込みにより、毎日毎日、前へ前へと進んできました。これをおおぜいの方々が非常な関心を持って見に来て下さったということです。これは、私の努力ではありません。みなさんの力です。

 しかし、私も血の通った一人の人間ですからこのBBSを運営することがつらい時もありました。自分が開設したBBSで何でこうまで面罵されなければならないのだろうかと思った時もありました。おおくの方々からも、このBBSを閉鎖した方がいいとのご忠告もいただきました。でも、私を支えたものは何度も申し上げたとおり、「良貨は、必ず悪化を駆逐する」という信念でした。そう信じなければ、自由主義者として生きてゆくことは出来ません。  このBBSの半年間を振り返ってみると「いろーんな波が押し寄せてきました。それでも、いや、それがあったからこそ、このBBSも我がサイトも進んできたのだと思います。そして、いまの日本の政治の最大のテーマである「自公連立」を考えるジャンボサイトになってきたのだと思っています。そして、総選挙を目前にしてまたアクセスが非常に増えていることに私は満足しています。

 かなり前に、すべての書き込みを感謝の気持ちを持って見さしていただいているといったのは、本心からであります。どうぞ、そういう気持ちでみなさんもすべての書き込みを受け止めてください。そして、自由とか公平とか正義をともに考えていただければ、これに過ぎる喜びはありません。

 「いろーんな波が押し寄せてきた。それでも舟は進んでゆく。向こうの岸に着くまでは、自分の腕でしっかりと漕いで行こう」 美空ひばりの35周年記念リサイタルでの語りです。いい言葉と思っています。

 これからも、勇気ある、良識ある書き込みを心からお願いいたします。


--------------------------------------------------------------------------------


「良貨は、悪貨を駆逐する」を私は信ずる!
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 18 May 2000
時刻: 17:31:55
リモート名: 210.251.23.46


Comment
 総選挙の日程も決まり、何かと忙しくて私自身書き込む時間が無くなり申し訳ありません。でも、すべての書き込みに必ず目を通しております。多くの書き込みに心から感謝申し上げます。

 「良貨は、悪貨を駆逐する」と、私はこれまで何度もこのBBSで訴えて着ました。そして、いまもこの信念に変わりありません。そして、そうなりつつあることにこの信念をいっそう強くしております。自由主義は、「良貨は、悪貨を駆逐する」というものでなければ、普遍性をえません。自由主義経済体制の勝利は、このことを証明しました。政治の面でも、このことを明らかにしなければならないとの信念で、私はこれまで戦ってきました。そして、いまも戦っています。同志のみなさまのお力添えを心からお願いいたします。そして、政治というものに希望を取り戻そうじゃありませんか。

 前に美空ひばりさんの「いーろんな波が押し寄せてきた。それでも舟は進んでゆく。向こうの岸に着くまでは、自分の腕で漕いでゆこう」というあるコンサートでの語りを紹介しました。このBBSにも、いろーんな波が押し寄せてきました。でも、このBBSはシッカリと進んできました。これからもいろーんな波が来るでしょう。しかし、自由を載せたこの舟はしっかりと前に進んでいかなければなりません。

 これからも、多くの方々の書き込みを心から期待いたしております。 忙中、一筆啓上しました。


--------------------------------------------------------------------------------


Re: 怒! 偽名「須崎治」の件はどうなんだー。...
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 13 May 2000
時刻: 04:08:14
リモート名: 210.238.175.1


Comment
気が付きませんで、失礼しました。「須崎治」の描き込みを禁止します。以下、同文。


--------------------------------------------------------------------------------


Re: 創価学会会員の愚劣な体質.森山正、中森正...
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 12 May 2000
時刻: 21:44:53
リモート名: 210.251.11.70


Comment
このBBSに、「森山正」「中森正」の名前で書き込むことを禁止します。もし、ほんとうにそういう名前の人がいて書きこみを希望する場合は、私宛メールを下さい。相談に応じます。


--------------------------------------------------------------------------------


Re: 9日付「永田町徒然草」にみる矛盾点・疑問点
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 09 May 2000
時刻: 21:40:04
リモート名: 210.238.140.223


Comment
あなたは,推薦入学という制度をご存知なんですか。この相談は推薦入学に関する相談なんです。同じ党の人なら私たちは、お互い気楽に紹介し合いますよ。公明党だってそうだと思います。人の意見はよく聞き,また,読んでください。そして、すこしは、理解してみようという気持ちを持って下さい。


--------------------------------------------------------------------------------


鬼の首を取ったように喜ぶ創価学会関係者の皆さんへ
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 09 May 2000
時刻: 11:28:23
リモート名: 210.251.17.107


Comment
私に関する不利な記事が新聞に載ると,創価学会関係者の皆さんのはしゃぎようは、いつものとおり凄いですね。そんなに嬉しいのですか。皆さん、マスコミの暴力ということを知らないのでしょうか。その辺のことを今回の「永田町徒然草No.50」でちゃんと書いておいたつもりですが、創価学会関係者には全然理解してもらいなんですね。

『聖教新聞』であろうが『読売新聞』であろうが、新聞に書いてあることが事実だとか真実だとかいえないことはいまや常識ではないでしょうか。マスコミ自体がいまや,大きな批判に晒されているのです。多くの健全な記者はそういう問題意識を持っています。

私は自分の今回体験したことを通じて、この感を強くしています。「誰ために鐘がなる」 きっと,皆さんもいつかはそういうことになることがあると思いますよ。それとも,マスコミにはもう十分手は打ってあるから大丈夫とでも思っているのでしょうか。

諸行無常です。いつ、どういうことになるか、解りませんよ。いつもいっている通り、少なくとも政治や社会のことは、健全な批判精神を持って観たり,論じたりして下さい。また、私のことを非難する場合は、せめて少なくとも私のいっていることを読んだ上でやって下さい。そうしないと非難にもなりませんよ。


--------------------------------------------------------------------------------


土屋さまに感謝――「立正安国論について(御参考)」
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 07 May 2000
時刻: 06:37:59
リモート名: 210.251.8.73


Comment
土屋さま。私が聞きかじりの「立正安国論」のことを書きましたところ簡にして要をえた「立正安国論(御参考)」との書込みをいただき、心から感謝申し上げます.さすが、ご僧侶ですね。たいへん参考になりました。明日、国会図書館で私も調べます。

かなり下になってしまいましたので、ここにご紹介させていただきます。皆さんもぜひお読みください。参考になります。

http://www.liberal-shirakawa.net/bbs/_msgs/00002063.htm


--------------------------------------------------------------------------------


白川勝彦です。またバトル再開ですね!!
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 06 May 2000
時刻: 07:38:08
リモート名: 210.251.19.62


Comment
連休もあと一日となりました。実り多い休暇を過ごされ、英気を養われておられることと思います。

 しばらく静かでしたが、またバトル再開ですか。いいでしょう。やりましょう。ただどうせやるんでしたら、このBBSをみている方からタイシたもんだと言われるものをやりましょう。中村さん、久々のご登場ですね。「永田町徒然草を読んで」を読ませてもらいましたが、ぜんぜん読んでなんかいないじゃないですか。あなたが読んだ次の号にちゃんと川住君から事情を聴いたこと、そして陳述書まで載せてあるでしょう。隠居さんの書込みのそうです。あなたが言っておられることは、このサイトで私はほとんどキチッと触れております。まずはこれをお読みください。そして、あそこにはこう書いてあるが質問しますというのならば必要に応じてチャンとお答えします。

 それにしてもただ私をやっつけようという書込みが相変わらず続きますね―。このサイトは、あえて現在の日本の政治にとって最大の問題である「自自公連立」にテーマを絞って開設しました。もちろん、外にやりたいテーマもありますがいまの私にはそれだけの時間がありません。それを捉えて教育には関心がないとか、リゾートが自然破壊だとかよく言いますね。文教委員会の理事を2年間やりました。中曽根内閣が教育改革を打ち出した時です。リゾート問題は国民の余暇・ライフスタイルのあり方を含めて私の最大の関心事です。大規模リゾート建設促進議員連盟というものも作りその幹事長もつとめました。その会長はどなたかご存知ですか。あなた方が尊敬する小渕前総理だったんですよ。

 いつも言っているとおり、このBBSの書込みに対し答えないことを含めて、最後は私にその政治的責任くることを私は誰よりも知っております。答えないのは、見ていないからでも答えられないからではなく、答えなくともよいと判断しているからなんです。他のBBSの読者は答えなくとも理解してくださると判断しているということです。しかし私の立場をおもんばかって、多くの方々が私に代わって答えて下さっておりますが・・・この機会に、その友情に心から感謝させていただきます。


--------------------------------------------------------------------------------


5月6日は登校日。5連休でない人が一杯います
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 05 May 2000
時刻: 08:46:49
リモート名: 210.251.10.132


Comment
連休中にもかかわらず、大勢の方々からアクセスをいただき、また、多くの書込みをいただき感謝しております。挨拶回りをしながら、5連休、5連休と言っていたら怒られてしまいました。明日の土曜日、学校があるため休みでない方も多いんだそうです。失礼しました。我が家は子供がいないために、私たちがお付き合いしている人たちがそうなので、つい5連休、5連休といってしまいました。

さて、問題はこれからです。外国だったらこういう場合どうするんでしょうか。もっともアメリカ・ヨーロッパでは学校は完全に週休2日となっておりますからこういう問題はおきませんが、きっと彼らならばこの土曜日は休みにしちゃうんじゃないでしょうか。その代わり来週の土曜日を通学日とするか、それも休みにするかは国によって対応が分かれそうです。仮に休みにしなくても、きっと多くの生徒が実際は学校を休むのではないでしょうか。

なぜこんなことをいうかと言うと、かつて私がリゾートの視察でアメリカにいったとき、バカンスの時期でないのに子供連れでリゾートにきていた夫婦がいたので聞いたのです。子供さんの学校はどうされたのですかと。その夫婦、曰く。

「なんの問題もありません。学校の先生は、『親子で一緒に旅行することに勝る教育はありません。どうぞゆっくりと行ってらっしゃい』となんの問題もありませんでした。」

たどたどしい英語での会話でしたが、その夫婦は屈託ない表情で誇らしげに私にそう説明しました。これがアメリカの一般的なことなのかどうか定かではありません。しかし、アメリカでは「子供の教育権は一義的には親にある」、確かどこかで読んだ記憶があります。日本ではどうなんでしょうか。専門の方がいたらご教示をお願いします。

このところ少年の凶悪事件、これまででは考えられない事件がたてつづけに起きたものですから、ちょっと感じることを認(したた)めた次第です。


--------------------------------------------------------------------------------


国民が事態の本質を見失っていないところに救いがある
From: 白川 勝彦
Category: その他政治
日付: 04 May 2000
時刻: 10:24:15
リモート名: 210.251.6.47


Comment
全国的に完全に5連休ですが、わが事務所も私も忙しい一日でした。連休中にもかかわらず多くの方々からわがWebサイトをVisitしていただいて恐縮しております。森中さんからは、大事な問題を提起していただきましたので、連休明けに役所を呼んで私も勉強してみたいと思っています。

昨日はバス乗っ取り事件をみていたため、ちょっと寝不足になってしまいました。この二、三日前には、少年の主婦殺人事件が愛知県でありました。いまに始まったことではありませんが、世の中が明らかに変です。皆さんそういいますが、こんなことは当たり前のことでありチャントした原因のあることだと思います。現在の日本の政治から、矜持や理想や建前やら、緊張や見栄やヤセ我慢などというものが最近とみに無くなくなってしまいました。政治がこのようになるとき国は乱れる、ということを日蓮さんが「立正安国論」で説いていると伺ったことがあります。この方面に詳しい方がいたら教えていただけませんか。日蓮さんの教えは詳しく知りませんが、政治を志してから政治の一番の力・役割は実はここにあるということだけはいつも胆に銘じてきたつもりです。

政治に即物的のものを期待する人が多いのですが、政治の実際の役割は実は精神的なものなんです。特に自由主義社会の政治はそうなんです。このところが意外に解っていただけないのが私たちの悩みなのです。私がなぜ自自公連立を批判したか、精神的な緊張をもってこれまでの事態をみれば、当然のことを当然のこととしていっているに過ぎません。それが何か勇気ある発言だとか筋の通った態度だなどといわれますと、片腹痛いという気がします。ごく当然のことを当然のこととしていうと、反主流だとか果ては除名だなどといわれると、この日本は一体どうなっているのだと不思議にさえなります。

しかし、誰も不正常になることはあるものです。人間は生涯ずーっと正常でいるものではありません。正常と不正常を繰り返しながら、徐々に心の欲するところにしたがっても則を越えなくなるのです。自由主義社会は、人間とはそういうものであることを前提にして秩序を考えているのです。このことは、拙著『戦うリベラル』に詳しく書いてあります。

ただ、世の中の一ないし二割の人が物事を正しく見れないくらいならば大して問題はないのですが、これを大幅に超えるとピンチです。日本の政治は、いまこの状態にあるといってもいいでしょう。だから、かなりピンチといえばピンチな状態なんです。しかし、最大の救いはこの国の主権者である国民は正常であり、事態の本質を見失っていないということです。ここに自信をもってわが道を淡々と歩んでいかなければならないと思っています。


--------------------------------------------------------------------------------


休日返上でWebマスターが、新しく立ち上げてくれました。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 03 May 2000
時刻: 02:04:14
リモート名: 210.251.22.238


Comment
昨日からどういう訳か書込みが出来なかったので、連休中で申し訳なかったがわがWebマスターに頼んでBBSを新しく立ち上げて欲しいとメールを入れていたんですが今、実行されたようです。ありがとうございました。

WEBマスターも大変なんです。ほとんど休みなしでやっているのですから皆さんできるだけ約束を守って書込みをして下さい。特に記載なし、ふざけた名前や偽名・呼称(隠居とか何とかなど)などは現に慎んでください。お願いいたします。

それから出きるだけ実りのあるものになるための配慮をお願いいたします。『聖教新聞』や『第三文明』であれだけ攻撃しているんですから、このBBSで同じことをする必要はないんじゃないでしょうか。それでもやるというのならば多少は何か考えなくなります。もし、いい方法があるという方は私に教えて下さい。

日本全体が変な大蛇に呑みこまれようとしていますが、このサイトは絶対に呑み込まれません。呑みこまれてはならないのです。皆で勇気をもって立ち向かって行きましょう。乞う、ご健闘。


--------------------------------------------------------------------------------


白川勝彦です。「自由民主党と美空ひばり」という小論
From: 白川 勝彦
Category: その他政治
日付: 02 May 2000
時刻: 10:12:58
リモート名: 210.230.133.22


Comment
十二三年前、世界保守党同盟というのに自由民主党の代表団の一員として出席したことがあります。アメリカからは共和党、イギリスからは保守党、オーストラリアからは国民党が出席していました。その他、保守党とか自由党とかという類の名前の政党が5〜6ヶ国からきていたと記憶しております。いずれにせよ、そんなに大それたコンベンションではありませんでした。そのなかで30年以上政権党であったのは自由民主党だけでした。

その後、自由民主党は一時野党になりましたが、わずか11ヶ月で政権党に復帰しました。自社さ政権です。自社さ政権を作った理由はいろいろありますが、政権党でなければ自由民主党は崩壊するという危機に晒されました。自由民主党という政党がこの日本からなくなるということは忍び難いと思い、自社さ政権を作るために私は全力で頑張りました。そして、政権党に復帰した自由民主党からは一人も脱党者はでなくなりました。

40年以上も政権党であり続けた自由民主党をエライというべきなのか、それとも政権党であったから40年間以上も一つの政党として存立してきたというべきなのか、難しいところです。ここは大事なところですから真剣に考えなければならないと思っています。ただ一つだけハッキリとしていることは、自由民主党がずーっと政権党でいたいと思うならば自由で民主的な政党である努力をしなければならないということです。もっとザッカりいえば、自由民主党の名に恥じない政党であるかどうかということです。

今日の自由民主党が省みて恥ずべきことがないか、貧すれば貪するの道を歩んではいないか、私の憂うるのはこの一点だけであります。貧すれば貪するの道は、一時的には楽でも将来に禍根を残し、これから抜け出すにはとてつもない苦労を必ず余儀なくされるという私の経験からの信念です。天国への道は狭き門から入れ、なのです。

平成7年10月、私が自由民主党の総務局長になった時の我々の相手は新進党でした。その年の7月に行われた参議院議員選挙で大きく躍進した新進党は押せ押せの勢いでした。300の小選挙区の7割で、自由民主党の得票と新進党を構成する諸政党の得票を比べるとわが党は負けていました。都市部では、新進党を作った諸政党の得票が3〜4倍というところもざらにありました。こうした選挙区で自由民主党から立候補して当選すると思うなど狂気の沙汰とさえいわれました。有望新人はほとんど新進党に取られ、候補者の擁立は本当に苦労しました。しかし結果は、300の小選挙区で自由民主党169議席 新進党97議席でした。その秘密は単純でした。自由民主党が自由民主党らしく必死にしかし堂々と戦ったからです。

「いろ〜んな波が次々と押し寄せてきた。それでも舟は進んでゆく。向こうの岸に着くまでは、誰の力も借りることなく自分の腕で漕いで行こう!」

これは、私が床屋にいった時必ず聴く「美空ひばりオンステージ」のCDのなかの美空ひばりの語りです。どうです。いいでしょう。もちろん、この語りの後に万雷の拍手が起こります。自由民主党が自由民主党らしさを失えば、有権者の支持を失うは必定。私は美空ひばりのこの言葉をj自由民主党の同志諸君に贈りたい。


--------------------------------------------------------------------------------


白川勝彦です。私の矜持と決意
From: 白川 勝彦
Category: その他政治
日付: 29 Apr 2000
時刻: 10:54:46
リモート名: 210.251.15.167


Comment
今日は一日選挙区での活動でした。夜12時過ぎに帰ってBBSを全部読ませていただきました。かなり時間がかかります。しかし、皆さんがせっかく書込んで下さったのですから、一とおり目を通すのは私の義務だと思っています。色々ありますが、全てを感謝の気持ちで読ませていただいております。

今日も沢山の人にお会いし、話を承たまりましたが自公連立に対する批判は相変わらず極めて厳しいものです。これは私の選挙区だけのことではないと思います。このまま総選挙に突入した場合、自由民主党は厳しい逆風の中の選挙になると思います。国民の6割近くの反対があるということの意味を考えないことは、私に言わせれば無謀としか言いようがありません。しかし、それでいい、それしか選挙に勝てないと思っているのならばそれはそれで仕方ありません。私はその人たちの自由を否定するつもりはありません。どうぞご自由にというしかありません。ただ、私には私の自由があります。私は自由民主党の党員として、自由民主党の伝統と矜持を大切にした戦いをしたいと思っています。

自由民主党にとって一番大切なことは、独立自尊ということだと私は思っています。自由民主党の支持者は、そのこと故にこれまで自由民主党を支持してきた方が多いと私は思っています。また、自由主義の要諦もここにあります。私たちは自由主義の力に自信を持ち、自由主義を愛する国民が多数いることに確信をもって戦略を考えないと自由民主党に未来はないと思っています。

明日もハードなスケジュールですので、今日はこれで休ませていただきます。明日の夜また見させていただきます。


--------------------------------------------------------------------------------


沢山の書込みに心から感謝申し上げます。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 28 Apr 2000
時刻: 09:53:09
リモート名: 210.238.141.3


Comment
沢山の書込み感謝申し上げます。今日の「永田町徒然草」に書いておきましたが、全てを健全な批判精神で検証してみる、辛いこともありますがその覚悟がなければ自由主義者とは言えないと肝に銘じて今日まで生きてきました。こういう生き方をしてきた私ですから、どんな罵倒にも非難の書込みにも全て目を通してきました。そして、最近ではこれらの書込みにも感謝の気持ちをもって接することができるようになりました。

正直言って、一般的に言えばいまの白川を応援する・エールを贈るなどということはどの立場の方々でも最も憚られることだと思いますが、ご理解・ご激励・ご支援の書込みを多くの方々からいただき、白川恐縮すると共に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

私は18歳の時から政治活動をしてきました。学生時代のそれは私の個人的な政治活動に過ぎませんが、それでも何度か試練はありました。しかし、30歳で衆議院議員を目指して政治活動を始めてからのそれは公的な政治活動です。もう25年になりますが、この間に何度か大きな試練がありました。しかし、私は多くの方々に支えられてこれらの試練を乗り越えてきました。私はそうした中で人の情けの有難さを知り、人間として鍛えられ、そして政治家として育てていただきました。

今度の試練は、私にとって最大の試練だと思います。しかし、これまでのことに思いを致し必ずこれを乗り越えたいと覚悟を決めております。また必ずこれを乗り越えなければならないと肝に銘じております。

このことをご照覧いただき、いままで以上の叱咤激励を賜りたく、伏してお願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------


Re: しかしながら、どいつもこいつも醜いね。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 25 Apr 2000
時刻: 06:57:38
リモート名: 210.238.143.73


Comment
山田次郎氏の連続書込み記録どこまで続くのか注目していたのですが、ここで終わりました。小田さん、きっと恨まれるかも。だけど、だんだんこういうレベルの対応でいいようになってきたようですね。

しばらく見なかった「聖教新聞」も、最近は目を通しているんですがこんな感じですね。同じ事を延々と繰り返す。他に材料がないからでしょうか、それとも○○も百篇言えば真実になるという手法でしょうか。

誰かが言っていたけど、言論妨害ではなくて言論の洪水で結果として言論を封殺する新手の手法もあるとのこと。気を付けなければなりませんね。これからもご協力をよろしく。


--------------------------------------------------------------------------------


風呂から出たらこの書込みだ―皆さんこれどう思う?
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 25 Apr 2000
時刻: 06:30:17
リモート名: 210.251.3.157


Comment
どうでもいいけど、上の書込みをして風呂から出てきたらこの田中真樹さんの書込みだ。もっと整理をして書けば良いのに、落ち着いて。もっとも私の書込みがあることが目だって良いが・・・・・

また、上の山田次郎さんのこれまた春爛漫の書込みを見た?これも常軌を逸しているというものだろう!!!

人の意見や希望や要望に耳を傾けないのは、やはり民主主義とは無縁でしょう。まあどうぞご自由に。ただし、その評価はそちらに行きますから。


--------------------------------------------------------------------------------


常軌を逸した書込みにもののあわれ想う?!
From: 白川 勝彦
Category: その他政治
日付: 25 Apr 2000
時刻: 04:51:50
リモート名: 210.251.15.202


Comment
ちょっと出張にでかけ、モバエルを持ってこなかったので1・5日ぶりにBBSを見ました。春だからでしょうか、常軌を逸した書込みがまた多くなってきましたね。また、これまで猫を被っていた人が正体を現したりして。猫を被るのなら最後まで猫を被りなさいと何度か私は忠告しておいたつもりですが。そうでないと宣伝効果はありませんからと。だから、このBBSは途方もなく面白い。

ただ私は政治家で確信を持っている人間ですから、「面白い」で済ますことができますが、もしこれがあなただったらどう思いますか。面白いで済ませられる人はほとんどいないと思います。ほとんどの人にとってこういうことをされるということは、恐怖・脅威だと思います。公明党の政権入りによって、創価学会=公明党の増上慢は今まで以上となって反対者・敵対者・批判者に対するこういったことは多くなると思います。そうしてはならない、私が命懸けで戦わなければならないと思う理由です。

要は皆んなでちょっとずつ勇気を持ってこれと戦うことなんです。勇気をもってあなたも書込んでみてください。それがこの場で出来る戦いなのです。


--------------------------------------------------------------------------------

緒方伸氏の五、六本の書き込みについて
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 23 Apr 2000
時刻: 02:54:56
リモート名: 210.251.17.33


Comment
緒方氏がどういう素性の方か知らないが、どういう神経をしているんでしょうか。

反創価学会の人たちがどういう仕打ちをこれまで受けてきたか、私も今回のことでよく知りました。

皆さん、もう少しこれと付き合い、創価学会というのがどういう組織で、どういう体質なのか勉強しようではありませんか。


--------------------------------------------------------------------------------


創価学会と公明党は別なんでしょう
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 22 Apr 2000
時刻: 21:59:58
リモート名: 210.251.8.10


Comment
今回私を刑事告訴したのは、なぜか「公明党」なんです。これまで創価学会員と名乗ったり、名乗らなくても創価学会員と断定できる人がいました。しかし、公明党員と名乗る人はほとんどいませんでした。

しかし、今回の告訴はあくまでもいろいろな判断があって、公明党でなされたのでしょうからこれに賛同されるような書込みをする場合は、創価学会員であるとか、創価学会員であるともに公明党員でもあるというくらいの配慮をしたうえで書込みをしないと創価学会=公明党ということを証明なるのではありませんか。

永田町徒然草の問題の名誉毀損に当たるとされている部分読めたでしょうか。大事なことですので、至急活字でおこします。これが名誉毀損になり刑事告訴というのならば、昔の「弁士中止!」と同じですね。恐ろしい、恐ろしい。


--------------------------------------------------------------------------------


Re: 確か白川さんも最近、刑事告訴したはず
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 22 Apr 2000
時刻: 21:19:17
リモート名: 210.251.9.229


Comment
鈴木敬一さん、西麻子さん、藤山秀和さん。よくご存知ですね。私が上越市長を刑事告訴をしたのは、各紙「新潟版」しか報道していないのですが。

そこまでご存知なのならついでに、私が上越市長のどのような言動を名誉毀損にあたるとして告訴したのか皆さんに教えてあげてくれませんか。

それと私が告訴された件、どこが名誉毀損にあたるのか教えてくれませんか。ちゃんと原典にあたり、それを正しく引用して下さいよ。


--------------------------------------------------------------------------------


皆さん、頑張ろう!
From: 白川 勝彦
Category: その他政治
日付: 21 Apr 2000
時刻: 10:06:27
リモート名: 210.251.13.38


Comment
何かあるといつものことだが激昂した書込みが急に多くなる。よほど嬉しいのでしょうかね。この人たちの特徴は、報道はすべて真実であるということを前提にしていることである。しかし、捜査当局と被疑者(被告人)が違う主張をしている場合、それは対等であり裁判によってはじめて決せられるという大前提を全く無視している。これは近代刑事訴訟の大原則であることを、「人権と平和」を売り物にしている団体に所属しながら教えられていないらしい。この団体の「人権と平和」は,要注意である。

私を公明党が刑事告訴をした。刑事告訴というのは,この人間を罪人として処罰せよということである。怖い友党ですね。こういうことをする人や党をあなたは仲間にしたいですか。私は嫌ですね。

しかし、こういうことをされても野中幹事長は「連立与党を批判する発言」をしてはならないとのお達しを4月21日だした。私は神様でも仏様でもない。ぶん殴られたら痛いというし、何をするんだという位のことはいうだろう。そうすると今度は党紀委員会にかけるんだって。本当に自由民主党はおかしくなり始めてきた。


自由民主党がこうなるということは、日本がそうなるという前兆なんです。だって自由民主党は自由で民主的な日本をつくることを最大の目的にしている政党なんですから。「日本の自由が危ない」―これが拙著『自自公を批判する』に付けた副題だったが、それは間違っていなかったでしょう。事態はかなり深刻なような気がする。

誰がなんといても、日本の自由は守らなければならない。私は必ず頑張ります。皆さんも頑張って下さい。これは私の切なるお願いである。


--------------------------------------------------------------------------------


Re: 福永糞バエと溝口ボウフラは親戚?
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 21 Apr 2000
時刻: 10:38:31
リモート名: 210.251.13.38


Comment
こういう品のない書込みは、何の意味もないしあなたの品性を落すだけです。以後、厳に慎んでください。

それともこういうことをせよとの指令でもあるのですか。あるいはこういうことをするのがあなたのお仕事なんですか? 岡田さん!


--------------------------------------------------------------------------------

20〜30下に書き込んでおきました。観ていて下さい。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 17 Apr 2000
時刻: 10:59:34
リモート名: 210.251.12.166


Comment
ちょっと小用で起きてBBSを見てみたら、寝る前に書込んでいたのが例によって大分下になっている。これは重要なことが書いてありますから、ぜひ観て下さい。表題は「『永田町徒然草No43』を読んでくれましたか」です。


--------------------------------------------------------------------------------


「永田町徒然草No43」を読んでくれましたか
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 17 Apr 2000
時刻: 06:26:24
リモート名: 210.238.174.228


Comment
「永田町徒然草No43」を見ていただけたでしょうか。正直いって驚いている。そしてこんなことで世間が誤魔化されるとでも思っているんだろうかと可笑しくなってしまった。

本件が明らかになった時から、一旦入力をした点数を抹消して欲しいといわなくても「元国家公安委員会委員長」の秘書といえば抹消してほしいといった同じことだといういい方をされた。「元国家公安委員会委員長」というのがどのくらいの威光があるのか、マスコミはよほど買被っているが、今回の事態の推移をみればそんなもの何もないことが明らかなのではないだろうか,

創価学会会員の誰かが、起訴されたのだから早く謝罪しろというような書込みをしていたが、この団体の人権感覚は一体どういうものなのだろうか。警察発表=真実がこの団体の人権感覚なのだろうか。だったら、「平和と人権」などという看板は降ろしたほうがいい。被告人が起訴事実を争っている場合、起訴事実を「合理的疑いを容れないまで立証する責任」は検察官にある。これが刑事訴訟の大原則である。また有罪が確定するまで、「被告人は無罪と推定される」も近代刑事訴訟の大原則である。このことを知っているならば『聖教新聞』のこの事件の扱い・はしゃぎようはないと思うのだが・・・。それとも政権入りしたことで警察は自分のものとでも思いだしたのだろうか。そうだとしたらそら恐ろしい,危険なことである。

私は、弁護士時代には刑事弁護が好きだった。6年間の弁護士活動の中で無罪判決を二つとった。こういう経験のある弁護士はそうザラにはいないはずである。その経験からして、本件はいろいろと問題があると思っている。「元国家公安委員会委員長」という肩書きはさておき、この弁護士の血が騒ぎ出してきた。

断じて行えば、鬼神も之を避く。いま本件に関する物凄い情報が私のもとに集まっている。その中には大変なものがある。各々方、自重されよ。


--------------------------------------------------------------------------------


いつものことだが、朝目覚めるとこの書込み
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 16 Apr 2000
時刻: 16:35:33
リモート名: 210.230.134.191


Comment
昨夜いや今朝未明か、ひとつの書込みをして寝て起きたら、いつものとおりこの書込みです。20くらい下に私の書込みがありますから見てください。

それから今日永田町徒然草で大事のことを発表します。乞うご期待。


--------------------------------------------------------------------------------


松田光一・岡田啓志さん達の書込みについて
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 16 Apr 2000
時刻: 07:55:55
リモート名: 210.251.22.41


Comment
何かニュースがあると、また『聖教新聞』が何かキャンペーンを始めると急に元気になるんですね。なにも既に報道されたことをここで再掲しなくてもいいんじゃないですか。私を腐らせるためにでも書込まれるのですか。こんなことぐらいで滅入るほど私はヤワではありませんから。『聖教新聞』『潮』などであれだけやられればもう免疫は十分できておりますから。

それにしてもこれを見ている皆さん、どう感じますか。私は五十戦練磨(百戦練磨というほど自惚れてはいません)の政治家です。このくらいのことに耐えられますし,耐えなければならないのですが、これが一般の方にされたらどうでしょうか。もし、あなたにこのようにされたらどうでしょうか。最初のうちは、すなわち免疫ができるまでは私だって正直いってそうとう参りましたよ。私は職責として我慢しなければなりませんでした。そうこうする内に免疫ができました。

しかし、普通の方々や繊細な学者や評論家や政治家はまいってしまうと思います。そうして自由な評論や雰囲気がこの日本から急速になくなりつつあります。いま頑張らなければ本当にわが国はおかしくなります。日本の自由がおかしくなります。これが危険な自公現象のひとつです。

皆さん,頑張りましょう!


--------------------------------------------------------------------------------


今日も沢山の書込み感謝します。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 14 Apr 2000
時刻: 10:31:43
リモート名: 210.251.15.89


Comment
今日は無茶苦茶に忙しい日でした。午前1時に上越市北城の自宅に返ってきて、皆さんの書込みを全部読ませていただきました。

今日も十日町市の下条地区で国会報告会があったのですが,昨日の新聞をみてなんだかおかしい感じたと皆いっていました,そして、永田町徒然草No42を読んでよく分かったといっていただきました。まだインターネットを見れる人は、私たちの地域では少ないのです。今日は250人位集まっていただいた会でしたので永田町徒然草をプリントしてお配りしたのです。明日もまた無茶苦茶に忙しい日程なんです。したがって今日はこれで失礼します。この土日、なんでも結構ですから思うことをぜひお知らせ下さい。


--------------------------------------------------------------------------------


高村謙太郎様,労作を感謝します
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 13 Apr 2000
時刻: 17:59:28
リモート名: 210.141.119.243


Comment
高村さま、「Back To The Future」なる労作ありがとうございました,たいへん興味深くまた慧眼に敬意を表しつつ拝読させていただきました、

参考になるとこ路また同感するところ多々あり,心から感謝申し上げます。論点が多岐にわたりますので、よく勉強させていただいた上で高村さまのご指摘される諸論点について、私の考えを述べてみたいと思っております。少々お時間を下さい。

皆さんも高村さんの労作ぜひ読んで下さい。ありがとうございました。


--------------------------------------------------------------------------------


なんだか不可解なことが多くなってくる
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 13 Apr 2000
時刻: 09:20:04
リモート名: 210.230.129.97


Comment
この四週間、いろいろと大変でした。しかし、これは一つの自自公現象との戦いであると思って、これと懸命に立ち向かってきました。それにしても、なんだか不可解なことが多いなーという気がいつも付き纏ってきました。きっとこれからは、私自身の周りでも、それ以外でもこういう不可解なことが多くなって行くような気がしてなりません。

こういう時代にいちばん大切なことは、まず気力だと思います。この国を変な国には絶対にしないという強い気概だと思っています。次に必要なことは、健全な批判精神だと思います。これは本当に間違いないのかと事実を自分で確かめたり,考えてみることです。第三は、行動・実践です。第四は、仲間・同志を求めることだと思います。

嫌なことは誰も関わりたくないものです。だからといって、これを避けたりこれから逃げ回っていたのでは、それこそ相手の思う壺です。これと敢然と立ち向かうことがいまの日本にいちばん必要なことなのです。志を高く持ち,堂々とことに臨むことです。私は、いま党内でまた院内でそういう風に行動しています。「我言即是万人声、正邪曲直自分明」の気概を持っていると、うろうろと党や院内を跋扈している輩をみると哀れであり、ときには可哀相にさえ見えます。

皆さん、ここが踏ん張り所だと思います。頑張りましょう!


--------------------------------------------------------------------------------

何か不可解な「元秘書のタレコミ報道」
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 12 Apr 2000
時刻: 19:54:35
リモート名: 210.238.175.45


Comment
今朝、昨日釈放になった「タレコミをしたのは自分だ」といったと報道された、16〜17年前に私の事務所にいた川住君から電話をもらいました。

「いわゆるタレコミをしたのはあなただという報道が昨日から流されているが、それは本当ですか」と私が聴いたところ、川住君はハッキリと私にこういいました、

「代議士。いろいろとご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。取調べの中で、お前がタレコミをしたんじゃないかとは聞かれました。しかし、私はタレコミの電話など絶対にしていませんから、していませんと答えました」

詳しくはいま永田町徒然草に書いておきました。現在update中です。取り急ぎご報告まで。

--------------------------------------------------------------------------------


平成9年5月1日ー参議院決算委員会の私の答弁
From: 白川 勝彦
Category: その他政治
日付: 12 Apr 2000
時刻: 01:04:25
リモート名: 210.230.134.177


Comment
(吉川芳男参議院議員の質問に対して)

●国務大臣(白川勝彦君)「全体の件に関していろいろ情報を収集しておりまして、今、特にお尋ねの横田めぐみさんの件に関しても、所要の捜査の結果、今までその辺については必ずしも北朝鮮による拉致の疑いがあるという断定はできなかったわけでございますが、そういう疑いが濃厚であるということで、先ほど答弁したとおり七件、十人でございますか、というふうにいたしたということであり、それらについては全体を含めて捜査をしているということであります。」


--------------------------------------------------------------------------------


「良貨は、必ず悪貨を駆逐する!」―多謝書込
From: 白川 勝彦
Category: その他政治
日付: 10 Apr 2000
時刻: 19:10:03
リモート名: 210.251.18.73


Comment
私が永田町徒然草で訴えたことは,無駄ありませんでした。随分とたくさんの皆さまから書込みをいただきました。この調子でお願いいたします。世の中を変えるのは、おおぜいのちょっとした勇気です。

「良貨は必ず悪貨を駆逐する」ことが妥当しなければ,自由主義には希望や未来はありません。自由主義の初期の段階では、一時的に「悪貨が良貨を駆逐する」ということもありますが、最後は良貨が悪貨を駆逐してきました。わが国の経済の発展段階を振り返れば、それはお互いに経験したことではないでしょうか。

わが国は経済の面ではこのことは達成したものの、政治の面では必ずしもその段階に達していない、そんな想いでこの35年間政治というものを考えてきました。しかし、一時的に行きつ戻りつがあったとしても、政治の面でも必ずわが国はこのことを成し遂げると私は信じて,厭くことなく愚直に自由の道を歩んでいく決意です。

このBBSは、その一つの実践場となってしまいました。最初からそんなことを企図していたわけではありません。しかし、現在は間違いなくもっとも具体的な・もっとも今日的な・極めて政治的なものとなりました。日本の自由の力・気概を示そうではありませんか。私も出来るだけ参加しますので、皆さんも勇気をもって書込んで下さい。

「良貨は,必ず悪貨を駆逐する!」

--------------------------------------------------------------------------------

今日一日、ありがとうございました
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 09 Apr 2000
時刻: 09:47:46
リモート名: 210.251.16.131


Comment
最終で帰ってきて今日のすべての書込みを読ませていただきました。もう私を怒らせるだけ、いや挑発というべきか、それだけを目的にしたものもいくつかありましたね。しかし、もう慣れなした。平常心で読めるようになりました。これらを含めて書込みありがとうございました。

書込みの数の割には、書込み者の実人数は少ないんですよね。もっと多くの方々に参加してもらえると私としてはうれしいのです。どうか勇気をもって書込んでみて下さい。そのためのBBSなんですから。創価学会の関係者の皆さん、あまり攻撃的なレスばかりしていると皆さんの同調者だって書込まなくなると思いますよ。どうして明らかにその筋の人しか皆さんの意見に同調する書込みが無いのでしょうか。反省されてみてはいかがですか。それから非学会員を装ったら最後までそのようにされた方が効果的ですよ。何人かがすぐ馬脚を現しましたよね。これは逆効果ですよ。

いずれにせよ、このBBSは極めて政治的なBBSとなっています。あらゆる書込みが極めて政治的な意味を持っています。政治って面白いと思いませんか。


--------------------------------------------------------------------------------


今日は楽しい日曜日・・・一筆啓上
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 08 Apr 2000
時刻: 17:49:59
リモート名: 210.251.23.7


Comment
今日は日曜日です。昨日いくつか書込んでおきましたので読んで下さい。いずれにせよ、『第三文明』にみられるように創価学会=公明党にとってこのサイト・BBSは相当気になるようです。だから、ご覧のような数多くの書込みがあるのだと思います。

そうだとしたならば、自公連立に問題ありと考える方々も積極的に発言し、行動しなければならないのではないでしょうか。サイレント・マジョリティ=選挙のときは黙って意思は表示するが、それ以外はただ黙ってみているでは民主主義は本当に熱いものに成らないと思います。

今日は楽しい日曜日。あなたも日ごろ思っていること・考えていることをぜひ一つ書込んでみて下さい。やってみれば簡単ですから。ただ「メッセージの送信」は一回だけクリックして登録されるまでしばらく待って下さい。そうしないと多重記載になります。

これから今日の日程のため出かけます。BBSを開くのは夜遅くになります。期待して待っています。


--------------------------------------------------------------------------------


Re: 白川氏の正義は口先だけか?
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 08 Apr 2000
時刻: 08:13:33
リモート名: 210.251.15.108


Comment
前出の「加藤紘一」にしたレスを観てください。だんだんと手段を選ばない,品のないものになってきましたね。私の「いつこのBBSに平和の日はくるのか?」(08Mar2000)を読んでください。私がいってることが理解できないんでしょうか。また、「永田町徒然草 No40」を観ていない方はこれもご覧下さい。

もっともこの書込み者も読んでないじゃないという気がします。もし読んでいるのならばここに書いてあることを多少引用するのでなければ説得ある議論になりません。こういう書き込みですから「さあ,白川,答えろ」というものが随分ありましたが、これまであえてレスはしてこなかったのです。ご理解いただければ幸いです。


--------------------------------------------------------------------------------


Re: いつこのBBSに平和はくるか?
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 08 Apr 2000
時刻: 07:54:20
リモート名: 210.251.15.108


Comment
どなたか分りませんがーだいたいの察しはつきますけどね、こういうことは品のない悪ふざけです。以後止めてください。これは証拠として削除しないで残しておきます。


--------------------------------------------------------------------------------


いつこのBBSに平和はくるか?
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 08 Apr 2000
時刻: 04:24:34
リモート名: 210.251.23.45


Comment
以前は毎日このBBSを開くのが楽しみでした。この1〜2ケ月毎日必ず観ておりますが、それは一つの仕事としてのそれになってしまいました。このBBSのファンも私と同じ想いなのではないでしょうか。自自公現象がここにも現れております。すなわち草食動物の群に肉食動物が入ってきて暴れまくるという現象が・・・・・・

主役はいろいろと変わっていますが、ここで活躍している創価学会の関係者はどんな想いでこのBBSを見ているんでしょうか。毎日毎日満足して見ているんでしょうか。結構です。ただこれだけは忘れないで書込んでください。このBBSには現在では1日に2000〜3000のビジターがあり、そのほとんどがこのBBSを観ているということを!!

皆さんのこの間の言動・行状は決して功を奏してはいません。このBBSにおける皆さんの言動・行状を観て本当に創価学会の怖さを知った、創価学会が嫌いになったというメールやご意見を山ほどいただいております。どうしてこんな単純なことが分らないのか不思議です。集団性はあっても社会性がないということでしょうか。皆さんは王道という言葉好きなようですが、自由主義社会における王道というものをもう少し勉強されたらいかがですか、

これだけいっても書き込みたければどうぞご自由にやって下さい。スペースはいくらでもあれます。ただその評価や責任は皆さんが負って下さい。

いまは私のBBSにおける行状ですが、こういうことが全国の町内会や労働組合やいろいろなグループで行われたらどうなんでしょう。恐ろしい,おぞましい社会になってしまいます。著書『自自公を批判する』の副題に「日本の自由が危ない」とつけたこんな気持ちからです。

私はこんなことに絶対に負けません。日本にも筋金入りの自由主義者がいることを知ってください。そして多くの同志がいることを知ってください。そして、なぜ自自公や自公にたいして国民の評価が厳しいのか考えてみてください。サイレント・マジョリティが私たちを支持しているからです。

いつこのBBSに平和はくるか? それは総選挙によって自公が断罪されたときです。それまでは続くでしょう。どうぞおやりなさい。ただもう一度いいます。こんなことで絶対に負けませんから,私たちは!!


--------------------------------------------------------------------------------


Re: 白川先生、拉致問題をどうお考えですか
From: 白川 勝彦
Category: その他政治
日付: 07 Apr 2000
時刻: 20:49:24
リモート名: 210.251.20.21


Comment
不可解な「行方不明事件」を「北朝鮮による拉致の可能性が極めて高い」との見解をはじめて公式にしたのが,私が国家公安委員会委員長のときでした。以後政府はこの見解にのっとり国交正常化交渉を行っています。

したっがて,私はいわゆる「拉致疑惑」に非常に関心をもっております。しかし、このような見解をはじめてあきらかにした当事者としてこの問題についての態度は極めて慎重にしなければ思っています。ご理解を下さい。

なお、当時の私の国会答弁は来週中に検索して紹介させていただきます。


--------------------------------------------------------------------------------

「『一段落したようですね』木原正夫 30Mar2000」のレスを読んで下さい
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 31 Mar 2000
時刻: 19:17:32
リモート名: 210.238.142.191


Comment
いま時点ですでに130くらい下になっておりますが,このBBSの書き込み上非常に重要なことを書込んでおきましたのでぜひ目を通しておいて下さい。


--------------------------------------------------------------------------------


Re: Shirakawa-Sensei,I'm chinese,but I support you too!!!
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 31 Mar 2000
時刻: 08:52:53
リモート名: 210.251.9.21


Comment
Ng Chung Yin さん。書込み、そしてご激励ありがとうございました。

私は英語は読めますが、英文ですぐ返事を書くほど達者ではありませんので日本語でレスを書きます。このBBSに外国の方が書込みをして下さったのは、貴方が初めてです。私だけではなく、このBBSを愛していてくださる皆さんも感激をもって読ませもらうと確信しています。どうもありがとうございます。

いろいろとご心配をおかけした申し訳ありません。しかし、真実は一つです。そして、正義は必ず勝ちます。ご安心下さい。

自自公から自由党が離脱するかどうか、いま最後の局面を迎えています。この2−3日で結果が出ます。この結果次第で今後の展開は大きく変わってくるでしょう。注目していて下さい。ただいずれにしても、自自公にせよ,自公にせよ、自公Xにせよ、その命運はどんなに遅くとも総選挙までということは明らかです。任期は今年の10月までしかないのです。私の関心は、ポスト自自公をどうするかにあります。

ところで、ENGLISHとHPに表示しておきながら、まだ漫画だけですみません。徐々に増やしてゆくべく現在始めだしたところなのです。ご期待下さい。私の秘書にもアメリカとイギリスに留学をしたものが何人かいるのですが、このWebサイトの論文などを翻訳するのは、ちょっと自信がないそうなんです。

香港には,家内と10数年前に1度いったことがあります。とても素晴らしい所だと感じました。また、お便り下さい。ありがとうございました。


--------------------------------------------------------------------------------


Re: 自分の名前を間違う人間が何を言っても信用...
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 31 Mar 2000
時刻: 18:58:42
リモート名: 210.238.142.191


Comment
リモート名だけを丹念にチェックしている担当がいるんでしょうか。そして、何だかんだと文句をつける。これは、このBBSに創価学会や公明党に批判的なことや気に入らないことを書込むな、我々はお前が誰だか調べ上げるぞという一つの脅しなんでしょうかね。

松田光一さん、下里幸一郎さん、伊藤めぐみさんなどが実名なのかそれとも仮名なのか、住民票で確認してから書込みを許可するシステムのBBSではありませんから本当のところは,私自身にも分らないのです。また、私自身そんなことを詮索するつもりはありません。大切なのはそこで述べられている言葉であり、内容だと思っていますし、そのつもりでこれまで対応してきたつもりですし、これからもやっていくつもりです。

「女子栄養大学」のプロキシ使っている云々などもう一つの脅しですね。調べあげて「仏罰当てるぞ」とでもいいたいんでしょうか。この団体のいう「人権」というのは一体どういう人権なんでしょう。

私のWebマスターが断言していました。このWebマスターは非常に優秀なのです。

『リモート名やプロバイダーなどで絶対に個人は特定や判明は出来ません。だから嫌がらせなど恐れずに気楽に書込んでほしいのです。』

名前をフルネームで書いたり、自分の職業などを書いていただければそれだけ発言に重みや説得力がますということではないかと思っています。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 私が怪しいと思った理由が分かってない
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 31 Mar 2000
時刻: 06:09:29
リモート名: 210.251.7.185


Comment
おしゃる通り、これも投稿です。私が(投稿)と打つのを忘れました。以上。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 「いま思うこと」を読んで思うこと。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 30 Mar 2000
時刻: 19:43:04
リモート名: 210.230.129.101


Comment
こういうことは、これからはレスでお願いします。なお、上の須貝氏の投稿の紹介は、事情がある人にはこういう方法もあるということでレスにはしませんでした。念のため。


--------------------------------------------------------------------------------

今日も一日ご苦労様でした
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 30 Mar 2000
時刻: 08:53:39
リモート名: 210.251.12.134


Comment
前の書込みをしてから新聞記者と会ってきました。話題はこのBBSになりました。みんな興味を持ってみているそうです。

それにしてもあまり、いや、ぜんぜん評判は良くなかったですよ。これまで創価学会を身近に見たことはなかったが、このBBSを通じて創価学会のやり方を初めてみて恐ろしいと思うようになったと皆言っていました。念願の政権入りを果たしたのですから、もっと節度を持たれた方が良いと思います。与党というのは、まず安心感が必要なのです。

ところで、自由党が連立離脱するようです。これ、自自公にとっては結構きついことになると思います。「自自公」の二番目の「自」は、小沢一郎と同義語です。何人ついて行くかはあまり問題ではないんだと思います。明日党首会談があるようです。小渕首相は必死になって思いとどまるように頼むと思います。二番目の「自」が抜けると致命傷になる可能性があるからです。

それではこれで今日は休みます。下里氏をはじめとして非常なまで熱心に書込みをされた皆さん、今日一日本当にご苦労さまでした。


--------------------------------------------------------------------------------

いま思っていること
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 30 Mar 2000
時刻: 02:57:42
リモート名: 210.251.8.9


Comment
多くの皆さんから書込みやメールでご激励をいただきこころから感謝申し上げます。誰がなんと言おうと、大新聞がどう報道しようと事実は立った一つしかないのであり,私は秘書が私に語ったことの方に信用出来るものがありますから、これを信じています。いずれにせよ、近代刑事訴訟の「有罪の判決があるまでは、被告人(被疑者)は、無罪と推定される」という大原則を確認したいものです。

前回の総選挙で、多くの自由民主党の同志が新進党の候補者と戦った際、新進党のど真ん中にいた創価学会から受けた攻撃をいま改めて思い出しております。みんなあれが嫌で自自公に従ったふりをしていますが、心の中で前回のことを忘れてはいません。私も自分自身として創価学会と深い関係を持ったことは無かったのですが今回のことでよく解かりました。多くの関係者のご苦労を改めて知った次第です。

しかし、これに怯えたり、ひるんだりしてはならないのだと思います。そして、そういうことが意味のない、無益なことを知ってもらうことが大切なんだと思います。時間が無くなりました。また書きます。


--------------------------------------------------------------------------------

過剰反応をみよ
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 28 Mar 2000
時刻: 02:26:34
リモート名: 210.238.140.154


Comment
大槻氏への書込み回数の制限をしてからほんのわずかな時間にこの書込み。見事な連携プレイたいしたものである。見習わなければなりませんね、この見事な同志愛。

言論封殺はしていません。制限です。このBBSの運営上必要があればもちろん他の人にも発動します。この趣旨をご理解のうえご協力ください。

なお、申すまでもないことですが、一回の書込みに字数の制限はありません。

--------------------------------------------------------------------------------

大槻彰さんー貴方のお仕事は
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 28 Mar 2000
時刻: 01:24:46
リモート名: 210.238.140.154


Comment
大槻さん。凄い書込み感謝します。ところで貴方のお仕事はなんですか。まさかこのBBS監視がお仕事ではないですよね。書込み封殺がお仕事でもないですよね。このBBS書込みに職業による制限はありませんが、ちょと異常です。

貴方の書込みを禁止はしませんが、一日に5回と制限します。理由? このBBS開設者の権限です。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 答えやすい意見にしかレスしない白川先生へ
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 28 Mar 2000
時刻: 02:04:34
リモート名: 210.238.140.154


Comment
全然そんなことはありません。私は答える、答えないを含めて全結果責任を負わなければならないのです。いろんな質問がありますが、基本的に私のサイトで直接間接に述べていることは答える必要はないと判断しています。答えないことによる不利益・責任は私が負うのです。ご心配には及びません。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 白川議員は利用されてると思う
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 28 Mar 2000
時刻: 00:28:33
リモート名: 210.238.140.154


Comment
チャンとみてますよ。書込みありがとう。大の大人でもこのBBSを実状では恐れをなすのですが立派です。やはり若さですね。

大の大人の皆さん、頑張りましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 宗教法人と宗教団体?
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 25 Mar 2000
時刻: 16:01:17
リモート名: 210.251.23.6


Comment
だから、ほとんどの宗教団体は誤解を生む政党の結成は避けてきたのだと思います。近代的な他の国でも宗教団体が政党を結成する例はほとんどありません。

どうぞ私の主論文と再反論をもう一回よく読んで下さい。


--------------------------------------------------------------------------------


反転攻勢に転じよう
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 25 Mar 2000
時刻: 15:48:40
リモート名: 210.251.23.6


Comment
いろんなことがあります。ありました。このBBSについて一番複雑な思いを持っているのは主催者である私です。しかし、私はじっと耐えています。「混乱を通じて調和へ」。

俵孝太郎先生が言っておられます。

「ぜひ白川さんのために、悪辣ないろいろなことがあると思いますが、それにひるまないこと。そういうものに恐れていて、そういうものにひるんでいて自由というものは守れない。思想の自由も言論の政治活動の自由も守れない。やはり自由を守るということは、自由を侵そうとするものに対する戦いである、ということをぜひ皆様方ご認識いただきたくように。」(『自自公を批判する』129頁)

今日は日曜日。いろいろな意見を書込んでみてみてくれませんか。

私は東京研修会第二団がバス15台を連ねていわき市に来ますので家内と共にこれから出かけます。夜遅くに帰ってきます。期待しています。


--------------------------------------------------------------------------------

「混乱を通じて調和へ」・・・・ロマン・ローラン
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 25 Mar 2000
時刻: 07:30:59
リモート名: 210.251.21.73


Comment
無茶苦茶に忙しい一週間でした。事件については永田町徒然草で書いておきましたのでご覧下さい。

この間もこのBBSはちゃんと拝見させていただいておりました。これはもう私の生活の一部となりました。人の意見・行動などは、どんな無意味に見えるものでも必ず何らかの意味があるのです。また、本人が意図しようがしまいが必ず一定の結果を生むものです。そして、本人の意図とは反対の結果をもたらすこともあります。そのことを考えながらそれぞれ書込みをして下さい。

このBBSの運営について、いろいろとご意見を頂戴しておりますが、もう少しこのままでやって行きたいと思っています。なぜなら私は、学生時代に読んだロマン・ローランの『ジャン・クリストフ』の「混乱を通じて調和へ」という言葉が大好きだからです。

しかし、出来るだけ好印象を持たれるように工夫して書込んで下さい。それがご本人のためですから。また、「メッセイジの送信」は一回だけクリックして静かにしばらく待ってください。そうすると多重書込みになりません。

それから、議題は名前を含めて一行でお願いします。また、フルネームで日本人なら漢字で名前を書いてください。その方が同じ意見でも絶対に好感を持って読まれます。

まだまだありますが、まず以上のことを心がけて下さい。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 個人を貶めるための記事を捏造する雑誌は、...
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 25 Mar 2000
時刻: 06:46:04
リモート名: 210.251.19.169


Comment
一体、どういう記事があなたのお怒りヲかったのでしょうか。教えていただけませんか。マスコミ報道が全部真実だなどというのは余りにもオプチミズムです。

ところで、私は『週刊新潮』と『週刊文春』を毎週買っております。週刊誌としてはグレードの高い方だと思っております。これがダメだというのなら、読んでいい週刊誌はなんでしょうか。教えて下さい。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 「諸君!」4月号  「小渕連立政権の『いやな感...
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 25 Mar 2000
時刻: 06:52:02
リモート名: 210.251.13.234


Comment
小山田さん。この対談で俵先生が指摘しているオーストリアの連立のアメリカ国民の関心・反応などご存知でしたら教えていただけませんか。


--------------------------------------------------------------------------------

支倉良三氏へ」
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 17 Mar 2000
時刻: 09:26:14
リモート名: 210.230.129.141


Comment
人間の言葉には、どんな些細なこと・くだらないと思うことでも何か訴えたいものがあるのです。あなたのこのメーセージにも。

しかし、あなたのこういういい方が一番下劣な言い方である。以後あなたの一切の書込みを禁止します。どうぞこのBBSに二度と訪問するに及びません。
--------------------------------------------------------------------------------
Re: 白川先生へ。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 17 Mar 2000
時刻: 11:09:49
リモート名: 210.230.129.141


Comment
分りました。まだまだ修行が足りませんでした。じーと耐えますか。
--------------------------------------------------------------------------------
BBSの読者へ
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 15 Mar 2000
時刻: 11:34:35
リモート名: 210.251.5.70


Comment
ある宗教団体にとってはこのサイトやBBSが余程気に入らないのであろう。そして何としてもこのBBSを汚して一般の方々をここから離反させようとしているように見うけられる。こんな妨害に絶対に負けてはなりません。黙ってしまたり、ここから逃げたら相手の思う壺です。じっと彼らがやることを見つめましょう。そして勇気を持って発言して下さい。

良貨が悪貨を駆逐する世の中を作ろうではありませんか。


--------------------------------------------------------------------------------
Re: ホームページをぶちこわそうとする創価学会
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 15 Mar 2000
時刻: 11:51:26
リモート名: 210.251.13.20


Comment
私の見方によれば、なりふり構わず撹乱・占拠せよという指令何じゃないかと思っています。そうでなければいくらある固定観念に凝り固まっていてもここまではやらないでしょう(ちょっとあまいかな?)。だから、こんな策動に負けたり、のったりしてはならないのです。

頑張りますから、あなたのお力もぜひお貸し下さい。

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 重要ー下にいくつか書込でおきました。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 11 Mar 2000
時刻: 18:14:41
リモート名: 210.251.19.44


Comment
送信に失敗しました。それにしても辟易しますね。

しかし、創価学会に反対や抵抗した、またしている者にこういうことをするのが創価学会であることをジーと正視してください。私が創価学会=公明党を肉食動物と『自自公連立の政治論的批判』で書いた意味がこれをみればわかると思います。

こんなものを怖がったり、怯んだりしては相手の思う壺です。

これから後援会の東京研修会に合流するためいわき市に行きます。夜遅くには帰ってきます。今日は日曜日、思うことを書き込んでみて下さい。

下にいくつか書き込んでおきました。ぜひ、お読み下さい。


--------------------------------------------------------------------------------
「アクティブ殺すにゃ刃物は要らぬ・・・・・・」
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 11 Mar 2000
時刻: 10:29:07
リモート名: 210.141.118.107


Comment
ある方から次のようなメールをいただきました。ご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


BBSご難儀ですね。この世界の格言を一つお教えします。


「アクティブ殺すにゃ刃物は要らぬ。RESの三日もなけりゃ良い…」

つまり、相手にするから書きこむ。何も反応がなければ暖簾に腕押し。つまらなくなって退場するしかない、というわけです。

アクティブとはBBSを意図的に荒らしにくる人をいいます。宗教的使命に燃えている狂信的人たちですから通用するかどうか自信はありませんが参考にして下さい。


--------------------------------------------------------------------------------
良貨で、悪貨を駆逐せよ
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 11 Mar 2000
時刻: 08:36:40
リモート名: 210.251.10.210


Comment

「悪貨は良貨を駆逐する」と言われている。しかし、それでは自由主義社会は崩壊します。いま、このBBSはそうした危機に直面していると多くの方々が心配して下さっています。だが心配ご無用です。この程度のことでこのBBSは決して崩壊しないし、閉鎖もしません。この程度のことに負けるから敵がつけあがるのです。このことを腹におけば実はこの程度のことは何でもないことなのです。創価学会に限らず多くの非自由主義的団体と日本の自由主義者は激しく戦って今日の自由を作り上げてきたのです。

自自公に対する戦いは、日本の自由を守る戦いだと何度も何度も私は訴えています。これしきのことで嫌になったり、怯んだりしては後世笑われますよ。お互い頑張りましょう。

「良貨で悪貨を駆逐せよ。」


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 政党の形を成していない党
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 11 Mar 2000
時刻: 08:50:22
リモート名: 210.141.119.65


Comment
3月11日付日本経済新聞の「自公ねじれ『新潟の陣』」のことですね。

新潟6区の良識を信じてください。何の心配もしていません。ますますファイトが沸いてくるだけです。

--------------------------------------------------------------------------------
詐欺師の見破り方
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 10 Mar 2000
時刻: 17:32:13
リモート名: 210.238.175.21


Comment
司法修習生のとき検察教官に教わりました。

「詐欺師の詐欺行為を見破る方法は、詐欺師にいわせるだで言わせることである。一つひとつ、その場その場いっていることは一見もっともらしいことを言うが(もっともそうでければ誰も騙されない)、全体を通してみるとおかしい、矛盾したことを言っている。そこを突くのだ。」

最近急にいろんな人が現れて、なかなかコッタ書込みをしていますが、こういう目みるとよく分かりますよ。何事も一貫するということが大切なんです。

立場を偽って何度も何度も登場される方、馬脚をあらわさないように。最近このようなのが多いように思います。


--------------------------------------------------------------------------------
里中豊氏に退場を命じます。
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 06 Mar 2000
時刻: 09:42:08
リモート名: 210.251.9.137


Comment
里中さん。本名かどうか知りませんがこのBBSでは中里豊さんが先客です。これと極めて紛らわしい「里中豊」という名前の書込みは人に誤解を与えます。ペンネームによる書込みを許しますから里中豊という書込みはこのBBSの主催者として禁止します。


--------------------------------------------------------------------------------
創価学会関係の皆さんへ
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 04 Mar 2000
時刻: 09:42:37
リモート名: 210.238.175.77


Comment
 新ページになったのを機に創価学会関係者の方々に申し上げます。このBBSは、創価学会の広報のために作ったのではありません。書き込むななどとはいいませんが、そのところを常識的に考えてこれからは節度というものをもって書込みをして下さい。その方があなた方のためにもなると思いますよ。

 私は、私の考え・意見・主張などを見ていただいた方に創価学会や公明党の考えや意見も参照していただくべく、あえて創価学会や公明党のサイトをリンクしております。そしてそこには私の見解に対する反論や誹謗や中傷がいっぱい載っています。もうこれで十分じゃないでしょうか。わざわざ「自自公連立を批判する」と立場を鮮明にしているこのサイトに、我が物顔で入り込み暴れまくることはないじゃないですか。

 あなた方は、何かあると謝罪せよとか、「シラをきる』と不利になるとか,なぜ答えないのだと凄みます。私に対しても,他の書込者に対しても。 私は,何度か「創価学会や公明党は、私の書込みで不用意なことや不適切な言辞があれば必ず攻撃する。書き込まないことを含めて。』といっています。私は、他の方々の書込みであえて私が書き込まなくてもいいと思うから私に対する回答の要求があるものでも書込みをしないことが多いのです。私をサポートしてくださった多くの方々にこの場を借りて感謝申し上げます。

 もちろん最初から回答する必要のない書込みが多いことはいうまでもありません。内閣法制局長官云々は、公明党のHPにもうウンザリするほど書いてあります。それを踏まえて再反論のインタビューがあるのです。これに付け加えることは現時点ではありません。こういう類の話は、他の書込者の場合にもたくさん見うけられます。他の書込みされる皆さんも私と同じで良いと思いますよ。創価学会や公明党は、最初からこのサイトに「完全に敵対」(冬柴公明党幹事長)しているんですから。

とりあえず、このくらいにしておきましょうか。あとはまた必要があったら申し上げます。

 


--------------------------------------------------------------------------------
Re: (投稿)マークについて    与謝野 さま、 ...
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 28 Feb 2000
時刻: 02:40:13
リモート名: 210.251.5.84


Comment
小山田さんの言う通りです。

なお、私宛のメールは当事務所では私しかみません。ぜひ、他の方にもみていただきたいものをBBSに(投稿)と付して載せさせていただいております。

当事務所は忙しくてとてもヤラセをするほどのゆとりはありません。

-------------------------------------------------------------------------------
Re:議論の参考までに(白川氏へ)
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 25 Feb 2000
時刻: 17:21:03
リモート名: 210.251.21.207


Comment
片山氏へ。私が2月21日にあなたにした質問に答えてください。これは、このBBSの今後にとってだいじなことですから。


--------------------------------------------------------------------------------
議論の参考までに
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 21 Feb 2000
時刻: 09:46:26
リモート名: 210.230.130.136


Comment
BBSを見られている一般の方には内閣法制局長官の答弁などということは疎いのではないかと思います。また、片山氏が挙げた最高裁判決など知っている人は少ないと思います。そこで、このことをちょと説明し、今後の議論の参考に供します。

国会における答弁は、どういう質問に対しどう答えたかを常にみてその答弁の意味するところ判断しなければなりません。答弁の一部を取り上げてそれを一般化することは正しくありません。このことは、再反論「政教分離原則を確認する。」で述べておきました。再度ご覧下さい。

「宗教団体の支援を受けている政治家が閣僚になることは、政教分離の憲法の原則に違反しないか」という質問に対する答えは当然のことながら「必ずしも違反しない」となります。しかし、それは宗教団体に事実上支配される政党に所属する政治家が連立政権の結果として閣僚になることを許容することにはならないのです。内閣法制局長官もそこまでは踏み込んで答弁していません。宗教団体に事実上支配される政党の出現などということを、憲法学者も歴代長官も前提にして議論していないのが現状です。また、何度か質問している公明党の国会議員は、創価学会と公明党とは政教分離していることを前提にして質問していますから、当然のこととして詰めた答弁がでてくることは期待できません。答弁とは、そういう性格のものです。また、それでいいのです。

裁判の判決も、同じ性格を持っています。具体的事例に対する具体的判断が、判例上意味あることと言われています。ある事件の判断を導く論拠として述べられたことは参考にはなりますが、それを一般的原則とすることは判例の正しい解釈でないと言われています。

片山氏や中村氏がいっていることは、創価学会や公明党の出版物にほとんど書いてあることです。これに対する私の反論が前記「再反論」です。これに対する傾聴に値する再反論は、いまのところまだありません。

別の問題に対して述べたことをここにこういう答弁がある、ここにこういう判決があると鬼の首を取ったようなことをいうより、難しい問題ではないのですから正面から議論すべきであると私は考えて問題を提起したのです。

「ある宗教団体に事実上支配される政党が政権を掌握すること、あるいは、政権の一郭に参加することは、『 いかなる宗教団体も、政治上の権力を行使してはならない 』という憲法の規定に抵触しないか。」

「『政治上の権力を行使する。』とは、国または地方公共団体から委託を受けて裁判権、警察権、徴税権などを行使することという解釈で本当に問題はないのか。マッカーサー草案には、”No religious organization shall receive any privileges from the State,nor exercise any political authority”とあるが、『 政治上の権力 』」とは『 政治的な権威 』と解釈すべきではないか。」

私は,私の解釈が自然で正しいと確信しています。そして、自分の言葉で論じてきたつもりです。それが,説得力がなければ仕方ないと思っています。創価学会や公明党も、誰がこう言っている,ここにこんなのがある,というのではなくて自分たちの言葉で自説を説得力を持って論じてもらいたいと思います。後は,国民の判断にまつべきではないでしょうか。

実体論は,実体論です。支配―被支配の関係があるのかないのか。上記のように考えるから、私はこれを問題にしているのです。このように考えないのならば、支配―被支配の関係があっても別になんの問題にもならないのであって,私たちが指摘する創価学会と公明党との関係に、そう目くじらを立てることもないと思うんですが皆さんはどう思います。  


--------------------------------------------------------------------------------
片山氏にお尋ねします。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 21 Feb 2000
時刻: 07:05:16
リモート名: 210.251.4.167


Comment
片山さん。その後も、当BBSで活躍されておれますが、あなたの書込み、2月10日以降のものは私の本や著述などで使わしてもらってもよろしいですね。これは、念のための確認です。もちろん、一つの書込みはそのまま引用します。

--------------------------------------------------------------------------------
中村氏の「リベラル新党云々」と関連レスについての私の見解
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 14 Feb 2000
時刻: 11:45:32
リモート名: 210.230.133.109


Comment
 自由民主党が、リベラルな路線を歩んでいるときは国民の支持を得るし,これと違う路線を歩んだときはこれを失うと私は常に考えてきました。こう考えて,自由民主党のなかでいつも私は戦ってきました。自由民主党が公明党と連立を組むなどということは、リベラルな路線にもっとも反することであると考え,私はこれに反対し批判をしているのです。こう考えている人は,党内に数多くいるし、そう遠くないうちに必ず多数派になると確信しています。

 中村さん。あなたは、「小党分立は,私の考えとは異なります」「私は公明党を支援している」「リベラル新党は,(私たちにとって―――白川注)健全な意味での対抗勢力となると思っている」といっておられます。あなたがいうリベラル新党に対抗する,あなたが属したいとする「対抗勢力]とは,一体何なのですか。

 こういう議論をするときに,ご自分の基本的な立場を明らかにしないで問題を提起することは、やはりフェアなやり方ではないと思いますよ。政治とは,具体的問題に対する具体的決断だからです。あなたは、自由民主党自公連立派=公明党ブロックを想定しているのでしょうか。

 確かに,自公連立派は現在のところわが党内で主流派ですが、これが永続するものでも固定化するものではありません。私たちは,そうしてはならないと思っています。また,自由民主党を長年にわたって支えてきた人々もそう考えています。この戦いを、私たちは自由民主党のなかでやっているのです。これは,自由民主党が自由民主党としてやらなければならない問題なのです。

 この党内の問題を議論しているとき、公明党の支援者であり創価学会会員であるあなたが私たちに対し「リベラル新党に期待する。リベラル新党を作るべきである」という言辞を弄ぶのは,「自自公に反対ならば、自民党を出ろ]という俗言と同じことなのです。現に,自由民主党のなかでこんなことを言う人はいません。これは,自由民主党という政党、自由主義政党、もっといえば自由主義社会というものをよく理解できない人の主張です。

 あなたが所属し支援をされている創価学会=公明党と自由民主党は、根本=基本が大きく違います。一見,仲良くいっているようですが、チグハグや不信感がいろいろなところでています。自自公連立は,必ず破綻します。また、こんなブロックを日本の政治の一つの軸にしてはならないと私は考えます。

 リベラルな自由民主党を作る、これが私のライフワークです。「対創価学会対策が白川のライフワーク」ではありません。しかし,政教分離―国民の自由を守ることは,私のライフワーク以上のものです。命を懸けて戦います。それは,私が自由主義政治家だからです。この気概を私のWebサイトを通じて明らかにしているつもりです。どうか,そういう観点から私の論述をお読みいただきたいと心からお願いいたします。            以上です。



--------------------------------------------------------------------------------
重要な書込みです。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 13 Feb 2000
時刻: 17:03:20
リモート名: 210.251.19.217


Comment
ちょっと,下になってしまいましたが、2月10日付の私の書込「片山氏の一件と書込条件の追加」をぜひご覧になって下さい,これからのBBSの運営に関することですからです。また、これについてのご意見がありましたら,ぜひお願いいたします。


--------------------------------------------------------------------------------
Re: 「朝木明代氏は自殺です」と強弁された中村...
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 13 Feb 2000
時刻: 16:39:40
リモート名: 210.251.10.82


Comment
*666さん。貴重な情報ありがとうございました。下手をすると引っ掛かるところでした。あのサイトにおける中村俊基氏の書込みを全部読んでから中村氏にはレスを書きます。皆さんも、*666さんが紹介したサイトにアクセスしてみてください。貴重な情報、ありがとうございました。
-------------------------------------------------------------------------------
片山氏の一件と書込条件の追加ー重要
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 10 Feb 2000
時刻: 06:33:19
リモート名: 210.230.131.45


Comment
> > 書込交流広場の最初に書いておいたように、この度、本を出版するにあたりBBSの雰囲気をだしために書込みされた方々に承諾いただきたいとNOTICEをだしたところ、片山友一氏から「私のコメントは一切掲載しないでいただきたい」とのメールをいただきました。まことに、残念なことです。

> 私は、片山氏と私のやりとり、片山氏と他の方々とのやりとりを紹介したいと思ったのですが、それは片山氏のコメントを使わしてもらわなければできません。これだけ書き込まれたのは、片山氏として主張したいことがあるから書き込まれたのだと思うのですが、自分の主張が他のところで紹介もしくは引用されるのは困るというのは、私には理解できません。片山氏の書込にレスを寄せた方々も私とおなじ想いではないでしょうか。一体、これまでの片山氏の主張や書込みはなんのための書込みだったのでしょうか。

> このWebサイトは、自自公の問題、政教分離の問題、そして自由の問題などを真剣に掘り下げて考えたいということで立ち上げたWebサイトです。もちろん、テーマがテーマですから、ある程度のことは予想も覚悟もしておりました。しかし、堂々の議論をしたいと思っていました。私は、もし私が不用意なことを書けば「聖教新聞」や「公明新聞」などで、待ってましたと攻撃されると覚悟して、あなたをはじめとする皆さんへのレスを書き込んできました。私が返信をしないことを含めて。 > >片山氏は、それでもこれからも書込みを続けますといっておられます。それは自由です。しかし、最近のあなたの書込みは、ちょっと常軌を逸していると思いますよ。もっと、冷静さを持って議論しようではありませんか。

> 以上のようなわけで、これからは余程のことがない限り私は、片山氏の書込みにレスはしませんからご承知おきください。このことを、このBBSの常連の方々にも知ってもらうため今回の一件を紹介し、ご理解を頂きたく書かせていただいた次第です。


 なお、今後、今回のようなことがないように、書込の条件として以下のことを第7項として追加させていただくことにしました。実りある、有意義な、また、責任ある意見や情報の交換ができるBBSとするための措置でありますからご了承の程よろしくお願いいたします。

、この欄に書きこまれた文章の版権は主催者側にあり、他のメディアで掲載利用することがあります。文章の著作権は記述された方々にあり、これは委譲できません。この慣例に逆らうものではありませんが、「インターネット」は既存のクローズドなBBSとは違って「開かれた情報シェアリングの場」でありますから、この精神を尊重し、また、その精神の前提に立って、有意義な未来に向かえるよう取り計らいたく思います。


--------------------------------------------------------------------------------
Re: もっと常識てきに。
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 12 Feb 2000
時刻: 06:56:14
リモート名: 210.251.3.108


Comment
片山さん、あなたも分からない人ですね。あるいは、なんでもとにかくケチをつける、そうすれば世間は盾突かなくなる、とでも思っているのですか。

私は、BBSで書込みされた皆さんに書込を引用させていただきたいが、それに承諾をいただけない人は申し出ていただきたいとNOTICEしたのです。BBS上で。

それに対してあなたはNOという意思表示をされた。私はその事実をBBSの上で紹介しただけです。それが何でいけないのでしょうか。これは、BBSの運営にとって大事なことだと判断したから、事実を事実として書き込んだだけです。あなたの書込に対する私の対応にも密接に関連する事実だからです。同時に、あなたの書込みに真剣にレスをした書込者にとっても大事な事実とはんだんしたからです。

あなたのメールを全文紹介した訳でもありませんし、BBSに関係ないメールを公表した訳でもありません。どこが非常識なのでしょうか。私も現役の弁護士です。著作権やプライバシーについて十分配慮しなければならないことは誰よりも知っております。

一時、「ああいえば、こういう。こういえば、ああいう。」というのが流行ったことがありますね。あなたの当BBS上の活躍がそんな感じがします。誰もが見れるインターネット上の書込みは、半分は公のものじゃないでしょうか。これを引用させていただいても本質的に著作権の上では問題ないと思いましたが、念のためあのようなNOTICEをしたのです。これに対して、あなたはNOといった。だから、私はあなたの書込みを引用しないことにしました。しかし、あなたの書込みはこういう性質のものである、したがって今後の私の対応も当然のこととして違ってくる、他の方々の対応も当然のこととして違ってくる、そのような大事な事実だからBBSの上で明らかにしておく必要があると私は判断したのです。

私は、あなたの気持ちを尊重してあなたの書込みはつかわないことにしました。そして、もう出版社に最終原稿をわたしました。NOだという人に、頭を下げてまでお願いする必要はないと思ったからです。

BBSをご覧のみなさん、どう思われますか。わたしが非常識なことをしたんでしょうか。意見があったら書き込んで下さい。


--------------------------------------------------------------------------------
Re: 「創価学会と公明党は同体異名」といったの...
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 10 Feb 2000
時刻: 10:01:44
リモート名: 210.238.140.142


Comment
私もそう思っております。しかし,この事実を絶対みとめようとしないんですよね。「朝まで生テレビ」で,私は創価学会が公明党を,民音や葬儀社などと同列の外郭団体と扱っている創価学会の内部文書を示しました。それが嘘の文書だとの指摘や反論はまだありません。

しかし,その一方で最近,創価学会と公明党が一体でなぜいけないんだと言わんばかり感じのする論調も始まったような気がします。自自公連立による開き直りでしょうか。両面作戦に出たのかもしれません。要注意!要注意!!


--------------------------------------------------------------------------------
Re: 白川様
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 10 Feb 2000
時刻: 09:34:29
リモート名: 210.251.14.107


Comment
片山氏と私とのやりとり、この数日の片山氏と皆さんのやりとり、これをこころある人がみればお分かりいただけると思います。

本の内容は,もう少しの間,秘密です。事情ご賢察ください。
--------------------------------------------------------------------------------
片山氏と中里氏ほかの論戦をみて
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 04 Feb 2000
時刻: 19:50:56
リモート名: 210.230.132.217


Comment
いま、急ぎの大仕事をしているので書込みが遅くなりました。どういう大仕事か。近いうちに明らかになります。期待していてください。BBSは、チャンと見ておりました。片山氏、大奮闘ですね。片山氏と7−8人のやりとり、しっかりとみておりました。必要ならば参加しようとおもったでのすが、あえて私が出なくともいいと思いました。私が言いたいことを皆さんがだいたい言ってくれました。

いま、「聖教新聞」などで、俵孝太郎氏、四月会、白川に対して猛烈な非難が展開されているそうです。私は、まだ見ていないんです。そのせいでしょうか、四月会に対する的のはずれたいいがかりですね、片山氏の論陣は。四月会のことを私はよく知ってはいますが、私が答えるのもおかしなものでしょう。一連のやりとり、俵先生にお見せします。ひょっとすれば、コメントを寄せていただけるかもしれません。かなり強烈なものになると思いますよ。

反論を寄せた皆さんの意見のなかで、主要な論点は全部でています。片山さん、何度も言うようですが、私の主論文と再反論をよく読んでください。何も私の意見に同調する必要はありませんが、私の論旨くらいは理解した上で論戦してください。四月会は、宗教団体ではありません。憲法が問題にしている政教分離は、あくまでも宗教団体(マッカサー草案では単数となっています。)と政権との関係なんです。そういう意味では、あなたの議論は最初から問題にもならないのです。支配―被支配の関係も、宗教団体と政党との関係が問題なんです。他の宗教団体と自由民主党との関係,創価学会と公明党との関係は,その程度が全く違うと国民は思っているから議論の対象になっているんです。何らかの関係があれば,それは同じことでしょうという論法は、それこそミソもクソも一緒にする論法っというものです。もし、片山氏の意見に共感を覚える人がいたら、もう一回私の二つの論文を読んだ上で書込みをして下さい。そうしないと議論になりません。


--------------------------------------------------------------------------------
Re: 読後感
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 10 Feb 2000
時刻: 09:18:46
リモート名: 210.251.20.147


Comment
長文の読後感、ありがとうございました。

いそがしなか書いたものですので、必ずしも満足できないんですが一石を投ずる気持ちで認めました。それにしても「自自公現象」が、党や国会のあちこちで跋扈しております。ヒドイものです。しかし、そんなことはいいんです。私が心配するのは自自公現象が、一般の社会でも始まることです。絶対にそれだけは阻止しなければなれません。国会の中で阻止できなければ、必ず急速にこれは伝播します。だから、頑張っているんです。そこのところをご理解いただければ幸いです。


--------------------------------------------------------------------------------
Re: 一学生の意見
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 10 Feb 2000
時刻: 08:53:24
リモート名: 210.251.10.191


Comment
この旬日、無茶苦茶に忙しくて返信遅くなってごめんなさい。

いま、聖教新聞だか公明新聞だか知りませんが、私や俵さんの誹謗記事がいっぱい載っているんだそうです。私も人の子ですから、そういうものを見ると「気分」が悪くなりますから、いまでは、見ないことにしています。だって、あまりにも無内容で、為にする誹謗記事で、ひどすぎます。それに、おなじネタが、何度も何度も繰り返されるんです。読む必要もないんです。いくら忠実で無批判な創価学会の会員さんだって、これじゃ飽きると思うんですがね。

ただ、この数日ガンバっておられる片山氏の議論、これを前提にしているんですよね。だから、議論がかみ合わないんだと思います。いまの若い人は、私たちの時代と違って政治に関心が薄いといわれていますが貴兄の意見を見れば、そんなことないですよね。安心しました。

返信遅くなってすみません。気になっていたんです。
--------------------------------------------------------------------------------
Re: 今の国会運営をどう見たら正しい?
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 31 Jan 2000
時刻: 10:05:53
リモート名: 210.238.174.17


Comment
今日も、自自公3党だけの寂しい本会議でました。明日もまたそうなるでしょう。双方言い分はあるでしょう。しかし、いずれにしても異常な事態です。こうなったら、解散・総選挙しかないと思っています。国民がどう判断するのか、私にも判りません。ただ、私の直感ですが自自公のすることは仮に正しいことであってもそう簡単には支持してもらえないのではないかと思っています。それが、信用なんです。「信なくば、立たず。」ということです。


--------------------------------------------------------------------------------
「書込交流BBS」を「書込交流広場」に変更するにあたって
From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 30 Jan 2000
時刻: 09:02:30
リモート名: 210.230.132.206


Comment
アクセス10000を期に、さらにより多くの皆さんにアクセスしていたくためにHPの構成・デザインを変えようというなかで、これまでの「書込交流BBS]を「書込交流広場」と変えることにしました。その理由は、このことを議論したとき5人いたのですが、私が「ところで、BBSって一体どういう意味だい?」と聞いたところだれも知らなかったからです。そこで、私は、若い人も知らないのならばこの際変えたほうがいいと思い変えることを指示したのです。そうしたところ、Webマスターから次のようなメールが届きました。汗顔の至りです。この際、みなさまにも披露し参考に供したいと思います。この「書込交流広場」が、真のBBSとなるためにこれからも宜しくお願いいたします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
書込交流BBSのBBSがよく解らないので掲示板に、ということですが、変更はやぶさかではないものの、その前に、なぜこの言葉で書いたかご説明申し上げます。
このようなシステムは、実はもともと日本では、BBS(Bulletin Board System)という用語で普及したのです。曰く「草の根BBS」。代表は大分「県」が設立した「コアラ」です。インターネットがまだまだ遥か未来のことのようだった頃、300bpsなどという遅い速度でコンピュータネットワークの世界が幕を明けました。大手商用ネットのアスキー設立などと前後し、日本全国に有志が立ち上げたネットが生まれました。これが日本のコンピュータ通信の夜明けだと言って良いでしょう。
やがて、NECのPC-VANと、富士通のNiftyの二つが牽引するようにこの動きは加速され、各新聞社主宰の商用ネットも生まれます。同時に、草の根BBSには全国各地、世界各国から割安の通話料で接続できるようにと、Venus-PやTri-PといったVANサービス、データ通信接続サービスが誕生します。草の根BBSでもメジャーなところは、このTri-Pに加入して会員を全国に広げました。新聞社系の草の根BBSなども、そうして普及しました。
こうやってネチズン(ネット・シチズン)が時代と共に増え、パソコン通信という呼び名で認知されて行きます。特殊な病気の情報を交換するために医師や病院が設置したBBSなど、相当数の有意義なBBSが運用されていました。ネチズンが「ボードに書き込んでよ」といった言い方をすることがあるのですが、そのボードはBBSのボードから来ています。インターネット寸前のネチズン人口は約140万人ほどだったように記憶しています。やがて、時が移り変わってインターネットの時代となり、BBSとその接続便宜を提供するVANサービスが幕を閉じる時がきました。インターネットです。全国のアクセスポイントからWWWをブラウズし、特定サイトに書き込みができる。BBSがより低コストで、多くの人々の交流広場になれる時がきたのです。
こうした歴史から、今でもこうしたメッセージ交換システムを、パソコン通信の延長線上でBBSと呼ぶわけです。コンピュータによらないBulletin Boardは、海外では広く日常生活に溶け込んでいて、アメリカのコインランドリーなど庶民が集う場所は必ず設置され、人々が売りたし買いたしなどの情報を掲示して行くのはご存知の通りです。広い意味で見れば、中国の壁新聞もこの一種でしょうし、古くは有史以前から、岩にメッセージを書き込んで情報交換したこともまた、Bulletin Boardにつながるのでしょう。 一方、日本にはリベラルなBulletin Boardは存在しなかったのかも知れません。それは、町内掲示板が示すように上意下達の通告版であり、商業主義の広告版です。必然的に面積が権利や金銭と結びつき、管理媒体としてのみ存在を許されることになってしまいます。行き場のなくなった情報は、無節操な電柱などの張り紙となり、景観や教育的環境などを足蹴にしてしまった、という側面もあるかも知れません。
さて、こういうわけで、コンピュータネットワークではBBSというのはそれなりの歴史を持った用語なのです。140万人のBBS愛好家、コンピュータ通信先駆者を「パソコン通信オタク」と呼ぶのは簡単です。その角度から見れば,BBSは「誰も知らない」用語かも知れません。ですが、コンピュータという枠を外してみても、それはイコール海外で日常生活に深く溶け込んでいるコミュニケーション手段を示す言葉です。
さらに、先生は郵政族でおられる。その先生がこうしたBBS、日本のコンピュータコミュニケーションの歴史をご存知ないままに、BBSという形容を外したのでは少々寂しい気がします。私としてはご存知で当然という姿勢からBBSという用語を採用しましたし、それに何らの抵抗もありませんでした。先生の周囲でお伺いになってどなたもご存知ないということは、先生の周囲に、或いは永田町に、こうしたコンピュータコミュニケーションの世界が存在しなかったからでしょうし、また認知もなかったからでしょう。地方自治体の中でも突出している大分県がBBSを公営した草分けであり、現在、そのコアラが公営ISPとして存続していることとは好対照だとも思えます。
前述のような背景を念頭において、ビギナーへのインターフェースとしての配慮の意味で、ホームページからはBBSの文字を外します。が、co-webの/bbsはそのままで良いと判断しますネットワーカーたちは、先達が新参者を懇切丁寧に指導することでネチズン社会を広げてきました。こうしたシステムが既に存在するのが当然であるかのような風潮の中で、思いやりが薄れ、コンピュータを介していることでその向こうに人間がいることを忘れてしまったかのような言動が見られることは非常に寂しいことです。
が、それは決して、コンピュータコミュニケーションだからそうなっているのではなく、広く社会現象であることに注目すべきでしょう。人としてのコミュニケーションが出来ないために機械と話す。携帯電話で話して完結し、会うために連絡を取り合うのではなくなっている。こうした日本だけに見られる風潮は、愛情を育むことなく援助交際で金銭対価にそれを置き換えてしまうような行為にも現れていると、京都造形芸術大学の野田正彰教授が語っておられます。
(http://www.mainichi.co.jp/digital/mobile/archive/200001/25/1.html)
先達が後に続く者に知識を分け合い、そこでより豊かな、新しい情報システムを使ったコミュニケーション社会が熟成されて行くわけです。後に続く者に迎合してばかりで、そこに至る歴史を忘れたら、豊かさも半減ではありませんか。


--------------------------------------------------------------------------------
Re: 政教一致

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 30 Jan 2000
時刻: 07:06:05
リモート名: 210.251.16.189


Comment
創価学会=公明党問題・政教分離問題を論ずる場合に大切なことは、一つは厳密な法律論、もうひとつは緻密な事実論だと思います。そのどちらもないというわが国の言論界の不思議な現象。このWebサイトが少しでも役立てばと思ってガンバっているところです。活発なご意見を待ってます。


--------------------------------------------------------------------------------
Re: 政教分離
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 30 Jan 2000
時刻: 06:50:16
リモート名: 210.238.140.197


Comment
中尾さんからは、いつも貴重なご意見をいただきありがとうございます。そうですか、そんなことまでいってますか。しかし、政治上の権力を行使するとは、国や地方公共団体から委託を受けて裁判権・警察権・徴税権などを行使することであるという解釈をする創価学会=公明党にとってはそういうことになるんでしょう。くわしくは、私の再反論を参照して下さい。


--------------------------------------------------------------------------------
Re: 公明党と創価学会についてに私の意見
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 30 Jan 2000
時刻: 06:34:37
リモート名: 210.251.16.232


Comment
外山さん。温かいまた力強い激励ありがとうございます。思想および良心の自由(憲法19条)、信教の自由(憲法20条)を守ることは、自由主義者の絶対の使命と考えています。自自公連立に対しては、私は不惜身命です。命を懸けてでも戦わなければならないと思っております。政治家は、どんなことでもそうですが、票を考えて行動してはならないと思っておりますが、国民の自由がかかっている問題で票のことを考えるようでは断じてならないと思います。私だけではなく、このように考えている人はかなりいますから、そんなに絶望しないで下さい。そして、そのような政治家を励ましてください。応援して下さい。正論は最後は必ず勝ちます。そう思って、ひたすらに努力する―−−そうでなくては希望はないじゃないですか、
-------------------------------------------------------------------------------
Re: 他県ですが、応援します。
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 30 Jan 2000
時刻: 06:07:33
リモート名: 210.230.130.192


Comment
こころ温まるご声援、本当にありがとうございます。文面から察すると60‐65歳なのでしょうか。おそれいります。私は、国会議員ですから選挙区はもちろんオール日本に責任を持っていると考えております。したがって、他県であっても私を応援してくださる方がいるということはたいへんうれしいことです。オール日本の後援会もありますから、どうぞ、ご入会ください。
--------------------------------------------------------------------------------

Re: 織田信長と政教分離
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 30 Jan 2000
時刻: 05:53:46
リモート名: 210.251.23.74


Comment
織田信長は、私が一番好きな武将です。そんな関係で信長ものはかなり読んだつもりですが、南波さんのような指摘は初めてで、たいへん参考になります。私もちょっと勉強してみたいと思います。だれか、南波さんの見解について意見があったら言ってみてくれくれませんか。


--------------------------------------------------------------------------------
Re: 他人に害を加えながら、被害者を装うのは、...
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 26 Jan 2000
時刻: 22:12:41
リモート名: 210.251.15.107


Comment
佐貫さんには、いつも適切なご意見をいただきありがとうございます。「他人に害を加えながら、被害者を装う」という表現は、さすが!!! こんどの私の論文を読んでください。一国一城の主といわれる天下の代議士の現状が書いてあります。決してこれ、誇張ではありませんからね。それにもかかわらず、確かに私のところにも、白川は善良で真面目なか弱い創価学会員をいじめている、というキャンペーンを始めているという情報が入ってきております。たいしたもんです。これからも、気が付いたことがありましたら教えてください。


--------------------------------------------------------------------------------
Re: 池田大作と創価学会の公明党をつかっての天...
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 26 Jan 2000
時刻: 20:46:00
リモート名: 210.251.23.172


Comment
あたたかいはげましのご意見ありがとうございます。「いかなる宗教団体も、政治上の権力を行使してはならない。」という条文の議論が、私と創価学会=公明党しかしていないのは、なぜか考えていただきたいのです。ちなみに、ご指摘の憲法調査会の委員に私はなりました。いずれこの場で、しっかりと議論してみたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------
Re: 未来の希望を失わせる政治家達を、この国の...
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 26 Jan 2000
時刻: 20:35:43
リモート名: 210.251.23.172


Comment
あまりに直裁すぎるごいけんで、コメントしかねますね。参議院で数がないというのならば、平成元年以降はどうなんでしょうか。あまり説得力がありませんよね。まあ、「自自公連立の政治論的批判」を読んでください。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 高鳥代議士白川代議士合同大新年会に参加して
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 26 Jan 2000
時刻: 20:27:03
リモート名: 210.251.23.172


Comment
みなさんの協力で、新井・頚南会場―500名、十日町会場―1300名、上越・頚北・頚中・東頸城会場―1200名の方々からご参集をいただき、所期の成果を果たすことができたと心強くおもっています。ありがとうございました。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 総選挙
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 26 Jan 2000
時刻: 18:46:42
リモート名: 210.251.15.134


Comment
今度の総選挙は、ほんとに何が起きるかわかりません。現に大阪の府知事選を見てください。党としては、ほとんど無政府状態です。これも自自公のなせるところです。現在執筆中の「自自公連立の政治論的批判」に、これらのことがすべて書いてあります。ぜひお読みください。またお便りください。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: なぜマスコミは、黙っているのか!
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 23 Jan 2000
時刻: 07:37:59
リモート名: 210.238.143.102


Comment
霜鳥氏へのコメントを参照して下さい。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 創価学会会員各位
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 27 Jan 2000
時刻: 00:38:02
リモート名: 210.238.143.201


Comment
最近、私の選挙区で意識的に流されているワンパターンの流言は、白川は、善良で、真面目な創価学会員をいじめている、けしからん奴だというものです。私は、他人の宗教を云々するつもりは、全くありません。現にそのような発言や論評は、厳に慎んできたつもりです。この態度は、今後とも貫いてゆきます。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 報道自由?とは何か。マスコミも支配されて...
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 23 Jan 2000
時刻: 07:32:21
リモート名: 210.238.143.102


Comment
自社さ連立をやったときは、新聞を中心にこの連立の是非が相当なされなした。当時マスコミは、反自民でしたから大半は批判的なものでしたが。しかし、論評があったことはまだよっかたと思います。私は、いろんなところで反論し、最後は自社さ連立は国民に相当理解され、支持もされました。自自公連立に関しては、気味が悪いくらい批判や論評がないのです。よくマスコミに登場する政治評論家や学者ほどこの問題についてコメントがあいまいだと思いますよ。自由民主党でさえ、金縛りになっているんです。新聞がとくに創価学会=公明党には弱いんです。現場の記者が記事を上げてもなかなか採用されないので、最後は創価学会や公明党に批判的な記事は書いても仕方ない気持ちになってしまうんだそうです。テレビなどの場合は、電話などの抗議や嫌がらせがドッとくるんだそうです。だから、やりたくなくなるんだそうです。分からないでもないんですが、ここが踏ん張り所だといいたいですね。報道の公共性ということをあれだけ主張しているんですから。


--------------------------------------------------------------------------------

集会のお礼

From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 19 Jan 2000
時刻: 21:39:41
リモート名: 210.251.4.48


Comment
1月18日の集会についてのメッセージたくさんありがとうございました。個々にコメントはしませんがお許しください。自自公をどうしていくのか単なる憲法論ではすまなくなってきました。政治そのものになってきました。私にとっては,望むところです。これから,自自公の政治論的批判を徒然草に適宜発表してゆきます。どうぞ、ご覧ください。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 知れば知るほど 恐ろしい 創価学会

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 19 Jan 2000
時刻: 21:55:07
リモート名: 210.251.4.48


Comment
Re:アメリカから応援します,をご覧下さい。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: その会に出席参加したかったですよ。
From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 23 Jan 2000
時刻: 06:53:09
リモート名: 210.238.140.80


Comment
瀬戸さんのように長年自由民主党を支持されてきた方にこういうことをいわれることが一番つらいのです。しかし、自由民主党は全部が全部腐っているわけではありませんからね。自由民主党の国会議員の半数以上は、心の中では自自公は本当はおかしいと思っているんです。しかし、自由民主党は日本の社会の縮図ですから、上がそういうと弱いんです。これを変えるためにこうして頑張っているんです。私の他にもそうした活動をしている人はいるんです。近いうちにその姿を必ずお見せします。こうした動きが始まれば党内の状況は急速に変わります。その一番苦しいところが今なんです。どうか、私たちをしっかりと応援してくださいね。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 創価学会の実態

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 19 Jan 2000
時刻: 23:11:41
リモート名: 210.251.19.173


Comment
長文の論評ありがとうございました。私は、創価学会の宗教的な問題について論ずる能力もありませんし、論ずるつもりもありません。しかし、みなさんが論ずることは自由ですし、私もシッカリと読ませていただき、参考にさせていただきます。これからもいろいろと教えてください。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 自由民主党を支持してきた宗教団体について

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 19 Jan 2000
時刻: 21:27:29
リモート名: 210.238.143.115


Comment
この2〜3日,四月会に関する記事が新聞などに多くなってきたことに気が付きませんか。私たちは,これらの団体との信義をまず貫かなければならないと思っています.自由民主党は,第一に保守政党なんですから。それから,政党も政治家も,自分の言ったことには責任を持たなければならないと思っています。いずれにせよ,あなたのおっしゃる通りです。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 主論文「自自公連立は憲法に違反する」を読...

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 15 Jan 2000
時刻: 20:41:47
リモート名: 210.251.21.222


Comment
憲法は,権力に対して向けられたものであるということはたしかであります。しかし,”いかなる宗教団体も、政治上の権力を行使してはならない”と明確に明記されているのにこれを無視するというのはいかがなものでしょうか。なお、私は元弁護士ではありません、現在も弁護士であります。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 創価学会の攻撃パターン

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 15 Jan 2000
時刻: 02:32:31
リモート名: 210.251.11.129


Comment
極めて明快な分析・反論、よくわかりました。 憲法論について若干私の意見を申し上げます。 私もそれこそありとあらゆる教科書や論文を読みましとが、宗教団体に事実上支配される政党が政権を取った場合を想定した論述は、どこにもありませんでした。内閣法制局長官の答弁もそうした事実関係を前提としたものではありません。 従って、この問題にアプローチするためには二つのことを同時に考察しなければならないのです。 第一は、問題の政党と宗教団体との支配−被支配の関係があるかどうかという事実関係です。 第二は、そうした場合における憲法解釈です。 この両面から論述したものは残念ながらありませんでした。この両面を考察しながらまとめたものが、私のメーン論文と再反論のインタビューです。 あえて付言させていただきました。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: アメリカから応援します

From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 19 Jan 2000
時刻: 21:50:22
リモート名: 210.251.4.48


Comment
小山田さんからは,いつも海外の貴重な情報を頂きまして感謝いたしております。私がいつも問題にしているのは,支配―被支配の実態なのです。そういう問題を事実に即して考えなければならないと思っています。ぜひ,今後とも私たちの知らない海外の情報を知らせてください。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 白川先生のご質問致します。(第二の言論弾...

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 12 Jan 2000
時刻: 06:48:02
リモート名: 210.141.119.72


Comment
平沢勝栄代議士とは、大学時代からの親しい友人です。 彼の出版記念会にも出席しました。彼からあなたのおっしゃるようなことをきいたこともありますが、彼がどのような理由で原稿を変更したのかハッキリとは聞いていません。平沢代議士は、そんなにヤワな男ではありませんから、圧力で言論を曲げることはないとおもいます。しかし、一度改めて聞いてみましょう。ただ、私がお答えすべきことではないのでその点はがご了解ください。あなたから直接平沢代議士に聞かれたらいかがですか。私の名前を出していただいても結構です。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 白川先生のご質問致します。(第二の言論...

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 13 Jan 2000
時刻: 02:26:26
リモート名: 210.230.130.232


Comment
今日ある会で平沢代議士に会いました.貴兄のことをいっておきましたから、どうぞ連絡をとって下さい.


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 成人の日

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 12 Jan 2000
時刻: 06:12:46
リモート名: 210.230.129.82


Comment
成人の日にちなんだすばらしいメッセイジ、ありがとうございました。私も政治に関心を持つようになって35年位任なりますが、選挙の大切さが強調されてきましたものの、選挙によって政権基盤が変わるということは余りありませんでした。それがはじめて起こったのが、平成5年の総選挙でした。平成8年の総選挙、私は自由民主党の総務局長としてこの選挙に臨みましたが、この選挙にわが党が負ければ我々は再び野党になると思って必死になって戦いました。そうした緊張を持って戦った結果、239議席獲得したのです。だから、再び政権を担当することができたのです。今度だって同じことなんです。その緊張感が、今のわが党の執行部にはないような気がします。あるいは負けても、自自公3党で過半数をとれば小渕内閣が続けられると思っているのかもしれません。しかし、それは選挙をなめ、国民を愚弄していると思います。 しかし、そのように思っている人が現にいるんですから、しっかりと注意しないといけません。若いみなさん、中原さんの言葉しっかりとかみ締めてください。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 私の選挙の投票に対する姿勢

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 12 Jan 2000
時刻: 03:49:30
リモート名: 210.251.19.25


Comment
おしゃるとおりだと思います。こんなことがありました。一昨年の参議院選挙、投票率が高かったですよね。マスコミが投票を煽ったとか、評論家が悪いとかいろいろ言われ、そうこうするうちに、最後には投票時間を延長したことがけしからん。誰がそれをやったんだということになりました。あれ、私が自治大臣のとき決断してやったんですよね。正直いってなんとなく気まずい立場にたたされましたが、私は腹の中で笑っていました。投票率が高くなったために負けたのならばしょうがないんで、もって瞑すだと思っていました。国民もこのことに気付き始めたのではないでしょうか。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 地方政界での公明党・学会の実態

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 11 Jan 2000
時刻: 20:31:41
リモート名: 210.230.141.16


Comment
おっしゃるとおりだと思います.ただ、国民もこのことに気ずき始めたのではないでしょうか.一昨年の参議院選挙、高得票率だったため自由民主党が負けてしまいました.そこで、投票時間の延長をしたのは誰なんだと犯人探しが始まったのですが、実はそれは私だったんですね。私が自治大臣のとき決めたのです.ちょっと気まずい立場に立たされました.しかし、私はこれでよっかたのだと思っています。得票率が高くなったために負けたんならしょうがないないんで、もって瞑すべしだと思いました。そうじゃないでしか。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 新しい視点

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 10 Jan 2000
時刻: 05:24:18
リモート名: 210.238.172.154


Comment
私は、自由、憲法の問題として自公連立を批判しています。それ以外の見方もあると思います。6−7割の国民が自公連立に反対しているのは、貴兄のような意見をふくめていろいろあると思います。私がいちばん聞く意見は、宗教が政治に介入してほしくないということです。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 森幹事長、自公合流に言及

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 10 Jan 2000
時刻: 05:51:11
リモート名: 210.251.13.153


Comment
ゆうちゃんといっしょほんとによもすえですね、もし、森さんがそんなことをいったのならば。こんど会ったときに、冗談もいい加減にしてくださいといっておきます。しかし、わが党内の一部にはこんなことを考えている人がいるかも知れません。こういうグループを、私はマフィヤと呼んで警戒しています。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 信じられない聖教新聞の「悪口」記事について

From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 10 Jan 2000
時刻: 06:02:35
リモート名: 210.251.13.153


Comment
私も創価新報などにずいぶん書かれました。最初のうちは気になりましたが、そのうち何ともなくなり、いまでは見もしません。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 創価学会員片山友一氏のネット上での行状

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 10 Jan 2000
時刻: 05:55:18
リモート名: 210.251.13.153


Comment
読ませていただきました。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 自民党の変節について

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 10 Jan 2000
時刻: 06:10:54
リモート名: 210.251.13.153


Comment
激励ありがとう。私も半分くらい愛想がつきつつあります。しかし、私と同じように自由民主党を愛する仲間がいますから、短気を起こさずにガンバっているのです。見ていて下さい。


--------------------------------------------------------------------------------

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 10 Jan 2000
時刻: 09:10:42
リモート名: 210.230.130.190


Comment
第一の質問ですが、私のメーン論文と再反論の論文を読んでもらえば、片山氏のあなたへの意見をふくめて理解してもらえると思います。第二の質問ですが、私も同じ思いをもっています。ただ、国会議員になって20年になりますが、立法の作業をなかでほんとに困ってしまって何度か有名な学者に相談したことがあります。しかし、結局は自分できめるしかありませんでした。 


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 創価学会流のスリカエ論議をやめて、真摯な...

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 10 Jan 2000
時刻: 09:23:01
リモート名: 210.230.130.190


Comment
長文のメッセイジありがとうございました。まだまだ勉強が足りません。いろんな意見をお寄せ下さい。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 創価学会流の議論について

From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 10 Jan 2000
時刻: 09:37:39
リモート名: 210.230.130.190


Comment
週刊誌で読んだだけなんですが、形式的には何の権限もない池田大作氏に、責任があるとした判決ならばその意味するところは極めて大きいものがあります。読んでみたいので送っていただけませんか。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 自公連立政権は何をしたいのか?

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 10 Jan 2000
時刻: 10:00:32
リモート名: 210.230.130.190


Comment
定数削減ひとつとっても、自由民主党、自由党、民主党は比例区から50削減すべきと考えています。この3党が力を合わせれば実現できるのです。それがややっこしくなったのは、比例区の定数削減に反対の公明党が連立にはいってきたからです。児童手当も自由民主党としては理解に苦しむ内容でした。憲法問題とは別に、政策面でもいろいろと問題があるんです。あなたのおっしゃるとおりです。だから、私は反対しているのです。こんなことが長く続くわけがありませんし、続けさせてはいけないのです。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: アーティクル 67

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 10 Jan 2000
時刻: 10:06:04
リモート名: 210.230.130.190


Comment
おっしゃるとおりです。どうか、再反論のインタビューを読んで下さい。私の想いが書いてあります。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 政教分離について

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 10 Jan 2000
時刻: 10:33:06
リモート名: 210.230.130.190


Comment
私のメーン論文と再反論を読んで下さい。必ずご理解いただけると思います。再反論とは、私のメーン論文について公明党と創価学会のした反論に対する私の反論です。ところで、再反論には転記の過程で誤植がかなりありましたのであす訂正しておきます。申し訳ありません。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 白川先生の生まれ故郷とはどのようなところ。

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 03 Jan 2000
時刻: 04:53:58
リモート名: 210.251.5.24


Comment
熱心にお便り下さってありがとう。でも、いまは私にはあまり時間がないんです。あなたが属している創価学会と激しい戦いをしているのです。いろいろな嫌がらせや妨害をされているんです。貴重な時間と労力を割いて、あなたと文化の話をしている場合ではないんです。ご事情をご賢察ください。   以上


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 自自公連立政権に関して

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 02 Jan 2000
時刻: 13:01:27
リモート名: 210.238.174.243


Comment
お便りありがとう。 第一の質問については下川さんへの返信をお読みください。第二の質問は、私のメーン論文と仏教タイムズのインタビューをお読みください。そこにすべてわかり易く のべております。 創価学会と公明党のものはよく読んでおられるようですが、他のものも読んで自分の頭で考えてください。そういうオリジナルならば私もオリジナルにご回答いたします。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 自自公連立政権に関して

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 03 Jan 2000
時刻: 04:31:03
リモート名: 210.251.5.24


Comment
再びお答えいたします。最初の質問は、私のメーン論文と仏教タイムズのインタビューをよく読んで下さい。すべてあなたの疑問は解消するはずです。支配ー被支配の 関係があるかないかがポイントです。離党云々の問題は、私たち自由主義者は自分の居所を自分で決めます。他人の居所を云々しませんし、されたくもありません。以上でこの質問は打ち切ります。


--------------------------------------------------------------------------------

お詫び

From: 白川 勝彦
Category: その他
日付: 02 Jan 2000
時刻: 05:43:50
リモート名: 210.251.3.154


Comment
返信をできるだけ出そうとしているんですが、まだまだ慣れていないもので失敗ばかりしていてすみません。 そのうちに上手くなると思いますから、しばらくの間おゆるしあれ。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 北朝鮮に拉致された人の中に学会員もいる

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 02 Jan 2000
時刻: 05:33:47
リモート名: 210.251.3.154


Comment
メール二通とも拝見しました。朝木さんの件は私も深い関心を持っています。北朝鮮のことは、初耳です。あなたのサイトみさせていただきます。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 政教分離と財務面の不透明さについて

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 02 Jan 2000
時刻: 05:24:24
リモート名: 210.251.3.154


Comment
これで3度目の挑戦です。お便り拝見しました。心から敬意を表します。あなたの活動はボランテアです。しかし、私の活動は、自由民主党の国会議員としてやらなければならないからやっているだけなんです。自民党の国会議員なのにどうしてやるんですか、こんな質問を良く受けますが、実は心外なんです。私たちは、自由主義者だから自由民主党に入ったんです。思想ー良心ー信教の自由こそ、最も基本的な自由です。それをないがしろに考える人は、はたして自由主義者といえるんでしょうか。私は、いえないとおもっています。選挙で有利、不利なんかで避けて通れる問題ではないんです。でも、それが最大の理由で自自公はできてしまいました。これが、わが国の自由のレベルなんです。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 政教分離と財務面の不透明さについて

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 31 Dec 1999
時刻: 01:57:24
リモート名: 210.251.15.218


Comment
お礼と意見を書いたのですが操作ミスでどこかにいってしまいました.また時間をみて送ります.


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 自自公連立への批判について

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 29 Dec 1999
時刻: 09:03:58
リモート名: 210.251.6.148


Comment
あなたのご意見も一理あると思います。 しかし、よく考えてください。いま、一番大事なことは、自公連立という間違ったことを一日も早く解消させることではないでしょうか。それが、自由民主党のためにもなるし、日本の民主政治に必要なことだと私は思っています。党内にもこのように考えている人が、数多くいるのですからその方々と力を合わせて頑張っているのです。自民党というネームバリューなど何の未練もありません。現に、選挙を前にして国民の6−7割の人が反対している中で、自民党公認で戦わなければならないということは非常につらいことなんです。 どうもまだ器械の操作が慣れないので、カラの返信を2度送ってしまいました。お許し下さい。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 頑張ってください。

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 23 Dec 1999
時刻: 17:45:55
リモート名: 210.251.3.43


Comment
お便りありがとうございました。 私がいったとおり、自自公の評判はすこぶる悪く、いずれ、こんなものは解消せ ざるをえなくなるでしょう。 だから、その後も、信念を曲げることなく、仲間とともに元気で頑張っています から、心配しないでください。また、ときどきお便りください。      白川 勝彦


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 頑張ってください。

From: 白川 勝彦
Category: 自公連立
日付: 23 Dec 1999
時刻: 17:45:55
リモート名: 210.251.3.43


Comment
お便りありがとうございました。 私がいったとおり、自自公の評判はすこぶる悪く、いずれ、こんなものは解消せ ざるをえなくなるでしょう。 だから、その後も、信念を曲げることなく、仲間とともに元気で頑張っています から、心配しないでください。また、ときどきお便りください。      白川 勝彦


--------------------------------------------------------------------------------

BBS開設にあたって一言

From: 衆議院議員 白川 勝彦
Category: その他
日付: 06 Dec 1999
時刻: 21:05:04
リモート名: 210.136.96.50


Comment
私のHPにアクセスいただいてありがとうございます。このBBSは,皆さんの意見や提案を自由にいただくページです。私も出来るだけいただいたものに対しご返事,意見をかくつもりです。


--------------------------------------------------------------------------------


BBSへ戻る

メインサイト・ホームページへ戻る

白川勝彦OFFICE
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1-209 議員会館内
katsuhiko@liberal-shirakawa.net
PHONE 03-3508-7705

このサイトに関する技術的なことはwebmaster@liberal-shirakawa.netへお願いします。
Copyright© K.Shirakawa Office 1999
Web design © Over Rev Co.,1999