枝葉末節に惑わされずに、疑惑の本質的な要件事実をまず押さえよう。
(03/25 2.国内政治)

No.1901
今週は、本当にテレビをよく見た。まず、WBC。日本は、最初から「世界一奪還!」と、あまりにも騒ぎ過ぎたような気がする。そもそも、12年前と8年前に世界一になれたのが幸運だったのだ。準決勝まで行けたのだから、まぁ、良しとする。野球の醍醐味を、十分に楽しませてくれた。それが終わると、今度はサッカーだった。ぜひ、来年のワールトカップに出て貰いたいものである。そうすれば、普段は見ないサッカーを見るからだ。

前[P.1/9]
Prev:事の流れを冷静に追うと、これはやはり大疑獄事件となる。
Next:森友疑獄で右往左往する安倍政権は、国益を大きく損なっている。その理由は。
HOME