事の流れを冷静に追うと、これはやはり大疑獄事件となる。
(03/18 2.国内政治)

No.1900
私が「瑞穂の国記念小学校問題は大疑獄事件となる」といったのは、3月11日の午前9時だった。そう思ったのは、南スーダンからの自衛隊撤収の決定と発表が、あまりにも不自然だったからである。私と同じように、このことを問題にした人やメディアもあったが、それをもって巷間騒がれている事件を大疑獄事件に結びつけるものは、ほとんどなかった。
それから1週間、巷間報道されている問題が大疑獄事件となるのは、もはや疑いを容れない事実となった。直接の原因は、「安倍首相が、瑞穂の国記念小学校のために100万円を寄付したかどうか」で、籠池泰典森友学園前理事長の証人喚問が、衆参予算委員会で3月23日に行われることになったからである。これまで自公両党は、野党が強く主張していた参考人招致を拒んでいた。ところが、参考人招致を飛び越えて急遽、証人喚問に応じたのだ。

前[P.1/5]
Prev:何か変な力が、大きく動いた!? 本当だとしたら、これは大疑獄事件だ。
Next:枝葉末節に惑わされずに、疑惑の本質的な要件事実をまず押さえよう。
HOME